2021-06-21から1日間の記事一覧

粔籹(おこし)

「粔籹」(おこし)は「おこし米」とも言い、 米や粟などを熱して干した後、熱した砂糖や水飴に混ぜ、 型に入れ、乾燥させた干菓子のことを言います。 粔籹(おこし)の歴史 日本各地の粔籹(おこし) 大阪府の「岩おこし」「粟おこし」 東京都の「雷おこし…

赤飯

「赤飯」とは、 もち米に「小豆」または「ささげ豆」を混ぜて蒸したごはんで、 おめでたい席で食される、 日本人のお祝い事には欠かせない伝統的な料理です。 お赤飯の歴史 赤米 小豆パワー お赤飯に飾る南天の葉 お赤飯の歴史 「お赤飯」を調べてみると、 …

三月三日は「桃の節句」。 桃の花を飾ったり、桃花酒を飲む習慣があります。 食べても美味しい「桃」ですが、 「桃」は多くの実がなることから多産の象徴と言われ、 その生命力から、 「不老長寿」、「魔除け」の力があると考えられました。 桃の原産地 神の…

玉砂利(たまじゃり)

大きな神社には、 本殿周辺などに玉砂利を敷いているところが多いと思います。 ザクザクという響きは心を洗うようですよね。 清浄無垢を表す 実用的な意味 清浄無垢を表す 神社の参道には、清浄な玉砂利が敷き詰められています。 一方、寺院の境内には玉砂利…

お守り

「お守り」とは、一般的に社寺で販売されている護符や お札が入っている小さい袋型の縁起物で、 神様の力が宿っているとされているものです。 神のご加護を得るために身に着けていたとされる「勾玉」が始まりで、 平安時代にはお守りは既にあったとされてい…