朝顔(あさがお)

夏に咲く花の代表「朝顔」は縁起物としても知られています。
 
 

 

「牽牛子」(けんごし)

「朝顔」は、奈良時代にChinaから伝わった外来植物です。
現代では「鑑賞用」として栽培されていますが
元々は高級な「薬」(強い下剤=峻下剤)として
遣隋使を通じて日本にやってきました
 
Chinaでは種を「牽牛子」(けんごし) と呼び、薬にしていました。
非常に高価で珍重された事から、
贈答された者は牛を引いて御礼に伺ったと言われることから、
その名が付きました。
花は「牽牛花」と呼ばれました。
 
China名「牽牛花」は彦星の花=織姫を表わすからと、
開いた花を「朝顔姫」と呼び、
花が咲けば、「彦星」と「織姫星」が今年も出会えた印であるとして、
縁起が良いとされました。
 
東京入谷の鬼子母神の朝顔市が毎年七夕に合わせて開催されるのは、
七夕に咲く「朝顔」が、特別に縁起物だからです。
 
 

東京入谷の鬼子母神「入谷朝顔まつり」

毎年7月6日から8日まで開催される、日本最大の朝顔市です。
入谷鬼子母神や言問通りには
60軒の朝顔業者と96軒の露店(縁日)が並び、
毎年約40万人もの人出で賑わいます。
 
入谷の朝顔が世に知られるようになったのは、
江戸時代末期の頃と言われています。
最初は御徒町で栽培されていたものが、
時代の変遷とともに入谷の植木屋が造るようになったそうです。
明治中期になると、その出来栄えの素晴らしさから、
鑑賞用として広く知られるようになり、
最盛期の頃は、一千種類もの朝顔が花を咲かせたと言われています。
大正の時代に一度入谷の地から姿を消した朝顔ですが、
戦後、朝顔同好会(現 朝顔実行委員会)により、
再び朝顔市として今の姿を取り戻すこととなりました。
 
 

園芸ブーム

朝顔は、日本においてのみ園芸化が進み、
これまで数多くの品種が作られ、
最近のブームによってまたその品種数を増やしつつあります。
 
奈良時代に日本に渡来した朝顔は、当初は薬として利用され、
「朝顔」とは呼ばれていませんでしたが、
その後、花を観賞する目的でも栽培されるようになったようです。
厳島神社保有の国宝「平家納経」(1164年)には、
野生型(並)葉の群青色のアサガオが初めて描かれています。
 
時を経て江戸時代になると、草花の品種改良が盛んに行われ、
数多くの草花の新種が生まれる中、朝顔にも空前のブームが起こります。
 
 

第一次朝顔ブーム

~文化・文政期(1804~1830)~
 
1806年、江戸大火「丙寅の大火」が起きます。
この火事により、
下谷(現在の東京都台東区)に大きな空き地が出来、
そこで植木職人達が品種改良した朝顔を栽培し、
人々の注目を集めました。
 
「変化朝顔」呼ばれる、
一風変わった姿の朝顔が人気を集めたようで、
八重咲きや、花びらが細くなっているもの、
一見桔梗にも似たものなど、
現存するほとんどの変異が出揃っていました。
 
また比較的濃色の黄色花など、
現在では見ることが出来ない「朝顔」もあったようです。
これらの珍しい「朝顔」は、
菊などと並んで高値で取引されたそうです。
この朝顔ブームを支えたのは、下級武士達。
独自に朝顔の栽培と品種改良を行い、内職していたそうです。
 

第二次朝顔ブーム

~嘉永・安政期(1848~1860年)~
 
文化文政期に起こった変異を組み合わせた
より複雑で珍奇な朝顔の、1200もの系統が生み出されました。
 
「第二次ブーム」を牽引したのは、
植木屋の成田屋留次郎です。
自ら「朝顔師」と名乗り、朝顔の品種改良に没頭する一方、
園芸に関する本の出版も行っていたようです。
更に留次郎は、朝顔の品評会である「花合わせ会」を開き、
ブームを盛り上げました。
朝顔栽培家として名を馳せた、北町奉行の鍋島直孝は、
江戸時代の銘花を集めた図鑑『朝顔三十六花撰』の序文を記しました。
 
万延元(1860)年に江戸を訪れた
イギリスの植物学者のロバート・フォーチュンは、
「世界一の園芸都市」と称賛しています。
 

明治期以降

明治になると、日本伝統の文化だけなく
植物なども顧みられなくなるのですが、
中頃になると、再び朝顔を栽培するものが現れ、
各地に朝顔の同好会が結成され、
「第3次ブーム」とも言うべき「朝顔ブーム」を迎えます。
そして昭和初期まで、
次第に洗練された系統が観賞されるようになりました。
 
東京(江戸)の朝顔栽培の拠点は
下谷から入谷に代わり、
「東京朝顔会」などの愛好会が結成されました。
この頃になると人々の嗜好が変わり、
直径が20cmを超すような大輪咲きの朝顔の栽培が
主流となっていきます。
艶やかな大輪の朝顔が多く並んだ「入谷の朝顔市」は、
多くの人で賑わったそうです。

 

f:id:linderabella:20201029124125j:plain