神使(しんし)

神社を訪れると、狛犬や狐、猿など、
実に様々な動物の像を見ることが出来ます。
これらの動物は、神に使えるものであると考えられており、
「神使」とか「眷属」(けんぞく)と呼ばれています。
 
 

神使(しんし)

「神使」(しんし)とは、
神道において神の使いもしくは神の眷属(けんぞく)で、
神に先駆けて現れたり、
神意を知らせるために人と接触するものと考えられる
特定の動物のことです。
「神の使い」(かみのつかい)「つかわしめ」「御先」(みさき)
などとも言います。
また、「神使」が神そのものと考えられることもあります。
 
神社に「神使」(しんし)の像が置かれているのは、
そもそも神々がその姿を人前に現わさないためで、
山や川などに棲息する身近な動物が
神と人との仲立ちをして、
代理として神の意志を伝えると考えたためです。
 
 

神使とされる動物の一例

「神使」(しんし)とされる動物は、
哺乳類から、鳥類・爬虫類、想像上の生物まで、
実に多岐に渡ります。
そして、その神の神話の内容や、神社の縁起に基づいて
固定化されていることが少なくありません。
 
稲荷神の「狐」、春日神における「鹿」、
弁財天には「蛇」などがその代表的な例です。
 
  • 狐 :稲荷神 (伏見稲荷大社) 
  • 牛 :天満宮
  • 鹿 :春日大社 ・ 鹿島神宮 ・ 厳島神社
  • 猿 :日吉大社 ・ 浅間神社
  • 烏 :熊野三山
  • 鼠 :大黒天
  • 蛇 :弁才天 ・ 大神神社
  • 白蛇:諏訪神社
  • 海蛇:出雲大社
  • 兎 :住吉大社
  • 鶴 :諏訪大社
  • 鳩 :八幡宮
  • 鷺 :氣比神宮
  • 鶏 :伊勢神宮
  • 蜂 :二荒山神社
  • 鰻 :三嶋大社
  • 亀 :松尾大社
  • 狼 :武蔵御嶽神社、三峰神社など奥多摩・秩父地方の神社
  • 鯉 :大前神社
  • 虎 :朝護孫子寺
  • 蟹 :金刀比羅宮
  • 猪 :護王神社 ・ 和気神社
  • 百足:毘沙門天
 
 

f:id:linderabella:20210311155416j:plainf:id:linderabella:20210418175412j:plain