買い初め(かいぞめ)・初買い

新年の最初の買い物が、
「買い初め(初買い)」です。
 
仕事始めとして、「初売り」や「初荷」がある1月2日。
目玉の一つは「福袋」で、1年の運試しの意味合いもあります。
 
 
 
 

「福袋」の由来

 
「福袋」は、「七福神」のお一人で、
米俵の上に乗り、
打ち出の小槌と袋を携えた福を司る神様として有名な
「大黒天」(だいこくてん)が抱えていらっしゃる
大きな袋「福袋」にあやかって名付けられたと言われています。
 
「大黒天」が抱えていらっしゃる袋の中には、
寿命や愛嬌、人望、威光などが入っているとか、
金や銀、真珠、瑠璃などが入っているとか、
幸福や幸運が入っているなどとされていて、
「大黒天」がやってくると、
その袋の中から人々に福を分け与えてくれると考えられています。

 

同じく「七福神」のお一人である「恵比寿」と合わせて、

「商売の神」としても扱われています。

こうしたことから、

「一年の商売始めに幸運を運んでくれるように」といった

意味も含まれているようです。

 
 

「福袋」の起源

 
「福袋」がいつ頃から始まったのかは正確には分かっていませんが、
江戸時代に呉服屋の「越後屋(三越の前身)」が
「えびす袋」として販売したのが
「福袋」のルーツではないかと言われています。
 
「越後屋」では、残り布などをまとめて商品にすることを思い付き、
「えびす袋」と名付けた袋に入れて販売し、
これが江戸で大人気になったそうです。 
値段はどの組み合わせでも一律の特価に設定されていて、
当時は、かなり斬新な商売方法であったと考えられます。
商品の中には金の糸が入った高価な布も含まれていて、
これを目当てに客が集まったと言われています。
 

 
越後屋の「えびす袋」が大変好評だったことから他の店が続き、
次第に地方へも伝わり、日本各地の呉服屋が販売するようになったのです。
「えびす袋」はいつしか「福袋」と名を変え、
呉服屋以外のお店も取扱商品の残り物などを販売するようになりました。
 

 
現在の「福袋」の発祥は、明治時代にあると言われています。
諸説ありますが、
今のように年始セールの目玉として扱うようになったのは、
百貨店の前身となった商店が売り出したのが始まりという説が有力です。
 

 
 
昭和に入る頃には既に東京を中心に定着していたようで、
この年末年始の福袋商戦が激しくなったのは1980年代から。
バブル期には高額な福袋が全国的に次々と売れ、
たくさんの人が何万円もする「福袋」目掛けて列を作りました。