三日とろろ

 
南東北や関東甲信越地方では、
1月3日に一年の健康を願って
「とろろ汁」や「とろろご飯」をいただく習わしがあります。
(1月4日に「とろろご飯」を食べる
 「四日とろろ」と呼ぶ地域もあるそうです。)
 
山芋をすりおろした「とろろ」には、
胃腸を整えたり、滋養強壮になったりすることから、
お節料理のご馳走に疲れた胃を労わる効果もあります。
 

 

三日とろろのレシピ

<材料(2人分)>
  • 長いも       :230g
  • 米         :1合
  • もち麦       : 50g
  • 水         :300㎖
  • めんつゆ(三倍濃縮):大さじ2
  • うずらの卵     :2個
  • 万能ねぎ      :1~2本
  • 青海苔       :小さじ1
 
<作り方>
  1. 米を研ぎ、もち麦を加えて分量の水で炊飯します。
  2. 長いもの皮をスプーンでこそげて、
    すりおろし器でおろし、
    めんつゆ(三倍濃縮)で味付けします。
  3. 器に麦ごはんをよそい、1をかけます。
    刻んだ万能ねぎ、青海苔、うずらの卵をのせたら、
    出来上がり。