初鰹(はつがつお)

 

南の海で生まれたカツオは、
春になるイワシの群れを追いかけて、黒潮に乗って北上します。
3月から4月頃に九州、高知沖、5月頃には伊豆、房総沖を通り、
6月頃には北海道の南まで辿り着くと、
Uターンして今度は産卵に備えて南下し、
10月、11月は
再び紀伊、高知、九州沖を通過し、南に戻っていきます。
この北上している間(3月から5月頃)に水揚げされたものを
「初ガツオ」、
Uターン後に南下している間(9月から10月頃)に水揚げされたものを
「戻りガツオ」と言います。
 
一般的には、
「初ガツオ」は餌場に向かう途中で水揚げされるため、
赤身でサッパリしており、
「戻りガツオ」は灰赤色で、餌を捕食しているため、
脂が乗っていると言われています。
 
 
日本では昔から
「初物」や「季節を先取り」することは
「縁起が良い」と尊ばれてきました。
「初物」には他にはないパワーがあり、
食べれば生気に満ち溢れると考えられていたのです。
  • 初物七十五日 (初物を食べると75日寿命がのびる)
  • 初物は東を向いて笑いながら食べると福を呼ぶ
 
一方、「カツオ」もその音が「勝男」と通じることや、
戦国時代の武将・北条氏綱の乗り船に鰹が飛び込み、
氏綱がこれを「勝負にかつうを」として喜び、
またこの合戦に北条氏が勝利し、
出陣前に鰹を食すことが吉例となったという逸話から、
縁起物として重宝されてきました。
 
「目には青葉 山ほととぎす 初鰹」(山口素堂)
江戸っ子の好きな「青葉」・「山ほととぎす」・「初ガツオ」と、
初夏(現在の4月〜5月頃)の3つの季語を入れた名句です。
 
「鎌倉を 生きて出でけむ 初鰹」(松尾芭蕉)
当時、江戸で流通しているカツオは、
鎌倉で水揚げされ、生きたまま江戸へ運ばれていました。
その様子を詠んだ句です。
 
このような俳句が生まれるほど初ガツオが大人気でした。
江戸っ子は初物が大好きで、お金に糸目をつけなかったそうで、
 
「まな板に 小判一枚 初鰹」 (宝井其角)
「初鰹を食べないのは江戸っ子の恥」
「初鰹は女房子供を質に置いてでも食え」
などという言葉も流行するほどでした。
 
 

f:id:linderabella:20210227075121j:plain