風鈴(ふうりん)

 
 
日本の夏の風物詩として根付いている「風鈴」。
風が吹く度に、チリンチリンと鳴る、軽やか風鈴の音は
耳にするだけで本当に涼しくなった気がするのですから、
不思議です。
今は涼しさの演出として飾られる「風鈴」ですが、
元々は「魔除け」のために吊るされました。
 
「風鈴」は、Chinaから伝わった「風鐸」(ふうたく)が元になったと
言われています。
唐の時代、「占風鐸」(せんふうたく)という占いがありました。
竹林の東西南北に、風鐸という青銅で出来た鐘のような物を吊るし、
風の向きや音の鳴り方で物事の吉凶を占うもので、
政治判断などが行われていたそうです。
 
この「風鐸」が、
日本に仏教とともに伝わったと言われています。
当時の日本では、強い風は
流行り病や邪気などの災いを運んでくると考えられていました。
「風鐸」の音が聞こえる範囲は聖域とされ、
災いから守ってくれるものとして
お寺の軒の四隅に吊るされるようになりました。
この「風鐸」は青銅製だったので、
今の風鈴のような軽やかな音ではなく、
「ガランガラン」と重い音でした。
 

 
平安時代には、貴族が魔除けとして軒先に吊るし、
「風鈴」という呼び名は、
この頃から使われるようになったとされています。
 
江戸時代になると、
西洋と貿易を行っていた長崎を通してガラスの文化が入り、
ガラス製の風鈴も出始めますが、
当時は非常に高価な物でした。
 

 
明治時代に入りガラスの価格が徐々に下がると、
庶民の手が届くようになり、
風鈴は、住宅の縁側に吊るして楽しまれるようになりました。
 
縁側は日当たりの良い南側にあることが多いのですが、
南西が裏鬼門という不吉な方に当たること、
また気温が高い時期は伝染病が流行りやすかったことなどから、
暑い夏に魔除けの意味も持って飾られたのではないか
と想像されます。
そのためか、この頃の風鈴といえば、
魔除けの色である赤が主流だったそうです。
 

 
風鈴が流行る以前から、
庶民の間では鈴虫を飼って鳴き声を楽しむ習慣がありました。
風鈴の音は鈴虫の声と似ているため、
夏の終わりから秋にかけて
鈴虫を飼う時には風鈴は仕舞われ、
「風鈴は夏のもの」という風習が生まれたとも言われています。
 

 
全国で開催されている有名な風鈴祭りをご紹介します。
  • 川越氷川神社「縁結び風鈴」(埼玉県)
  • 西新井大師 「風鈴祭り」 (東京都)
  • 川崎大師  「風鈴市」  (神奈川県)
  • おふさ観音 「風鈴まつり」(奈良県)
  • 小渡夢かけ風鈴      (愛知県)
  • 如意輪寺  「風鈴まつり」(福岡県)
  • 正寿院   「風鈴まつり」(京都府)
  • 浅草ほおずき市      (東京都)
  • 瀬戸屋敷風鈴まつり    (神奈川県)
  • 大川内山  「風鈴まつり」(佐賀県)
  • 遠州三山風鈴まつり    (静岡県)
 

f:id:linderabella:20200616092637j:plain