初荒神(はつあらがみ)

毎月28日は「三宝荒神」の縁日で、
一年で最初の縁日は「初荒神」と呼ばれています。
 
「荒神信仰」には大別すると
家庭の台所で祀る「三宝荒神」と、
地域共同体で祭る「地荒神」とがあります。
 
「三宝荒神」は日本特有の神で、
不浄を許さない厳しさを持つことから、
火で清浄が保たれる竈(かまど)に祀られ、
かまどの神、火の神として知られます。
「三宝荒神」は人々を災いから守り、
金銭を融通してくれる力強い神として
家の守護神になってきました。
 
祀る人を攻撃する悪人には、
厳しい罰を下すと言われています。
 
「初荒神さん」の呼び名でも親しまれている
兵庫県宝塚市にある「清荒神清澄寺」では、
毎年1月27、28日の2日間、
今年最初の盛大な法要「初三宝荒神大祭」が執り行われます。
特に、28日は早朝、山伏の吹螺が、
午後には楽人の奏でる雅楽も加わって
新春らしい華やかさを醸し出します。