上棟式(じょうとうしき)

 
棟上げは、家を建てる中でも大事な工程のひとつです。
だからこそ、その工程が無事に終わったお祝いとして、
「上棟式」を行います。
最近では、棟が上がったことを喜び、
施主が職人達に感謝して、
もてなすお祝いの側面が強くなっているようです。
 
 
 

上棟式(棟上げ式)とは

木造建築で家を建てる場合、
基礎工事が終わって柱が立ち梁を組み立てた後、
屋根の一番高い位置に
「棟木」(むなぎ)という横架材が取り付けられることを
「上棟」や「棟上げ」といいます。
 

この棟木を上げるに当たり、

家屋の守護神並びに工匠の神を祀り、
竣工後も災いが降りかかることなく
良き建物として栄えることを祈るお祭りです。
「建前」(たてまえ)、「棟上げ」(むねあげ)とも言います。
 
この後に屋根をつける作業や外装工事などがあるので、
これで家が完成した訳ではありませんが、
「棟木」は家の象徴的存在と考えられてきたため
行われるようです。
 
「上棟祭」の式次第は「地鎮祭」と大きくは変わりません。
特徴は、祭の最中に「棟木」を引き上げて取り付けること。
ですが近年では、「棟木」に「魔除けの矢」などを飾って
その代わりとすることも多いようです。
 
「地鎮祭」に比べると、「上棟祭」は必須とする意識が薄く、
特にマンションやアパートなどの集合住宅では、
個々の家庭における「上棟祭」は省略されることが多いです。
また、神職ではなく、
職人による儀式の執行も一般的になりつつあります。
 
「上棟式」には、
「上棟」「槌打」(つちうちのぎ)「散餅・散銭の儀」があります。
「槌打ちの儀」と言うのは、
「千歳棟」「万歳棟」「永々棟」の掛け声とともに
小槌で棟木の元末を打ち堅める儀式です。
「散餅・散銭の儀」と言うのは、
屋根の上から餅と銭を撒く儀式で、
方位の神様へのお供え物とも、また福を分ける意とも言われてます。
 
 

上棟式の流れ

以前は神主さんに依頼をしていましたが、
近年主流の略式では神主さんを呼ばず、
棟梁や現場監督、ハウスメーカーの人などが
代理で式を取り仕切ることが多いようです。
 
以下では、略式の場合の大まかな流れをご紹介します。
  1. 棟梁が棟木や祭壇に、御幣や棟札を飾る
  2. 「四方固めの儀」棟梁と施主が家の四隅に酒・米・塩などをまく
  3. 無事に工事を進められるよう祈願し、二礼二拍手一礼をする
  4. 「直会(なおらい)の儀」施主が挨拶をしてから乾杯する
  5. 棟梁や関係者を紹介して一言挨拶をいただく
  6. 「上棟式」を手締めで締めくくる
  7. 施主から、出席してくれた関係者へご祝儀などを渡す
 
ご祝儀や引き出物を受け取ることは、
ハウスメーカーや施工業者によっては禁止されている場合もあります。
ご祝儀を渡したい場合は、事前に受け取ってもらえるかどうかを、
担当者に確認しておくと安心です。
 
 

上棟式の起源

「上棟式」については、『日本書紀』に記載されておらず、
この儀式が始まったのは平安時代であろうと言われています。
 

f:id:linderabella:20210525185613j:plain