万歳(ばんざい)

 
 
元々の言葉の意味は「永遠に生きること」。
古くは、
古代Chinaの戦国時代に起源を発する言葉で、
「万歳」は文字通り、
「一万歳」(いちまんさい)という年齢を表わす言葉で、
皇帝を称えるために使われた文句でした。
 
奈良時代頃に日本に伝わって、
天皇の長寿をお祝いする言葉として用いられましたが、
徐々に「おめでたい場合や、長久を祈る場合」に
使われるようになりました。
 
本来の発音は「バンゼイ」。
「バンザイ」と読むようになったのは、
明治22(1889)年2月11日の「大日本帝国憲法」発布の日に、
臨時官兵式に向かう明治天皇の馬車に向かって
「万歳三唱」したのが最初だと言われています。
 
「マンザイ」と発音しようという案もありましたが、
腹に力が入らないため却下されました。
「バンザイ」の発音の由来は諸説あってはっきりしません。
 
 

万歳三唱

「バンザイ!」
声を揃えて唱えながら両手を上げる動作を三回繰り返すことを、
「万歳三唱」(ばんざいさんしょう)と言います。
「万歳」と一度だけ言うのではなく、
三回唱えることになったのは、
英国王を称えたり、誰かに感謝の意を表す時に使う英語の掛け声である
「Hip Hip Hooray!」(Hoorayは応援の時の掛け声「フレー」のこと)のように
3回続けると良いのではないかという提案があったためと言われています。
 
「万歳三唱」のやり方ですが、
公式に定められた方法はありません。
一般的な「万歳三唱」は、掛け声があった後に続き
「万歳」と全員で言いながら、
姿勢を良くして両手を上げることを三回行うだけです。
 
手を上にあげる時に、
手のひらを内側に向けるのが本来のやり方だという説がありますが、
現在、大半の人が手のひらを前に向けてやっています。
まあ、細かいことは気にせずに元気良く行なうのが
「歓びやお祝いの席での何よりの作法」ではないでしょうか?
 

f:id:linderabella:20210208161904j:plain