月読命(つくよみのみこと) 

天つ神。
伊邪那岐命が黄泉の国の穢れを洗い流した際、
右の目を洗った時に誕生しました。
その後、夜の世界を治める神様となりました。
それ以降については『古事記』には登場しません。
 
 

どんな神様?

 
夜の世界を支配する月の神
伊邪那岐命は、
月読命(つくよみのみこと)には夜の国の統治を任されました。
 
『古事記』には、この場面以後、月読命は一切登場しませんが、
『日本書紀』には、天照大御神と月読命の間の別れが描かれています。
 
ある時、天照大御神は月読命に
「保食神」(うけもちのかみ)という神に会うよう命じます。
月読命が会いに行くと、
保食神は海を向いて口から魚を吐き出し、山を向いて国から獣を吐き出し、
その吐き出した食材で月読命の宴を準備しました。
それは保食神にとって自然な姿だったのですが、
「吐き出したものを私に食べさせるのか」と激怒した月読命は
一刀両断に保食神を斬り殺してしまいます。
これに驚いた天照大御神は月読命と絶縁します。
それ故、今も太陽と月は決して顔を合わせず、
それぞれ昼と夜に分かれて輝いているのです。
 
 
農耕神
「読む(ヨム)」とは「数える」の意がありますので、
「月読(ツクヨミ)」というのは「月」そのものではなく、
「月を数えること」、「月の満ち欠けを測ること」、
つまり月の暦(陰暦、旧暦)を神格化したものだとも考えられます。
「陰暦・旧暦」は種蒔き、田植えなどの農作業の指針となる
「農事暦」でもあったので、月読命は「農耕神」としても信仰されました。
 
 

別称

  • 月神(つきのかみ)
  • 月弓尊(つくゆみのみこと)
  • 月夜見尊
  • 月読尊
 
 

主なご利益

  • 心願成就
  • 五穀豊穣
  • 家内安全
  • 雨乞い祈願
  • 大漁祈願
 

 

祀られている神社

月読命を祭神とする神社は少なく、
伊勢神宮内宮の別宮「月読宮」や長崎県壱岐市の「月読神社」などに
祀られています。
また、阿弥陀如来を本地仏として祀っていた山形県の月山では、
明治以降に「月山神社」と改称して、月読命を祭神にしています。

f:id:linderabella:20210226164459j:plain