速秋津比古神​(はやあきつひこのかみ)・速秋津比売神(はやあきつひめのかみ)

速秋津比古神​(はやあきつひこのかみ)・速秋津比売神(はやあきつひめのかみ)は、
『古事記』では、伊邪那岐命・伊邪那美命の「神生み」によって生まれた
男女一対の神様で、「水戸神」はその総称です。
水に関係のある神様で、大祓詞に登場する「祓戸大神」の一柱です。
 
 

どんな神様?

 

川の神

速秋津比古神と速秋津比売神は、穢れや罪を丸ごとの見込み流し去る、
川を司る男女神です。
「水に流す」という言葉にあるように、
川は一つの方向に流れていきます。
海の波のように寄せては返すことはありません。
人々の災厄や悩みを流し去るありがたい存在として
二柱は尊崇されています。
 

港を司る夫婦神

名前の「ハヤ」の部分は速い水を表し、
「アキ」は開けた地形、
「ツ」は土地が海に突き出している地形を表していると言われていて、
名前そのものが「河口」を意味していています。
 
また、ハヤアキツヒメは別名を「水戸神」と言いますが、
この「水戸」というのは川が海に合流する「河口」を意味しており、
古代の日本においての「河口」は船の停泊地にもなっていた為、
港として珍重されていたと言われています。
 

祓戸大神(はらえどのおおかみ)

「大祓詞」(おおはらえのことば)に記されている
「瀬織津比売」(せおりつひめ)「速開津比売」(はやあきつひめ)
「気吹戸主」 (いぶきどぬし)「速佐須良比売」(はやさすらひめ)の四神を
「祓戸大神」と言います。
 
「大祓詞」では、
川上にいる瀬織津比売神によって海に流された罪・穢を
荒潮の潮の八百道の八塩道の潮の八百に坐す
速開津比売(はやあきつひめ)という神が
呑み込んでしまうと記されています。
速開津比売は、 河口や海の底で待ち構えて、
諸々の罪・穢れを飲み込む神様です。
 
 

御子神

速秋津比売神(はやあきつひめのかみ)は、
兄である速秋津比古神​(はやあきつひこのかみ)との間に
  • 沫那芸神(あわなぎのかみ)・沫那美神(あわなみのかみ)
  • 頬那芸神(つらなぎのかみ)・頬那美神(つらなみのかみ)
  • 天之水分神(あめのみくまりのかみ)・国之水分神(くにのみくまりのかみ)
  • 天之久比奢母智神   ・国之久比奢母智神
    (あめのくひざもちのかみ) (くにのくひざもちのかみ)
という8柱の神を産んでおり、
これらの神は、河口から海に辿り着く事を連想させるかのように
全て海に関係する神様となっています。
 
 

別称

  • 速秋津日子神・速秋津比売神・・・古事記
  • 水戸神(まなとのかみ)  ・・・古事記
  • 速秋津日命        ・・・日本書紀
 
 

ご利益

  • 厄除開運
  • 航海安全
  • 海上安全
 
 

神格

  • 川の神
  • 水戸(港)の神
  • 河口の神
  • 祓いの神
 
 

関連神

  • 父母神:伊邪那岐命、伊邪那美命
  • 御子神(河口の神から、港の安全を司る神と農業用水を司る神が生まれた)
    • 沫那藝神   ・沫那美神      (河口付近の泡を表す神)
    • 頬那藝神   ・頬那美神      (河口付近の水面を表す神)
    • 天之水分神  ・国之水分神     (農業用水を司る神)
    • 天之久比奢母智神・国之久比奢母智神 (瓢箪を神格化した神)
 
 

速秋津比古神​・速秋津比売神をお祀りする神社

  • 湊口神社 (兵庫県南あわじ市)
  • 由良湊神社(兵庫県洲本市)

f:id:linderabella:20210226164459j:plain