石折神(いはさくのかみ)・根折神(ねさくのかみ)

伊邪那岐命が火之迦具土神(ひのかぐつちのかみ)の首を斬り落とした際、
剣の先端に付いた血が岩石に落ちて生まれた神様。
 
 

火之迦具土神の血より生まれた神々

伊邪那美命は「神生み」に際して、
火之迦具土神(ひのかぐつちのかみ)を生んだ時に火傷を負い、
それが原因で亡くなってしまいます。
これを嘆き怒った伊邪那岐命は、
十拳剣(とつかのつるぎ)で火之迦具土神を斬り殺してしまいます。
 
この時、剣先に滴った血から生まれたのが
「石折神」(いはさくのかみ)・「根折神」(ねさくのかみ)を始めとする
八柱の神々です。
 
『日本書記』では、
石折神は「磐裂神」、根折神は「根裂神」とも表記されることから、
岩根を切り裂くことを意味し、「剣」に因むとする説があります。
また火之迦具土神の血を赤い炎と見て、鉱石を溶かすことから、
岩を裂くほどの威力ある刀剣の誕生を表わすとする説があります。
 
そして、二神の間に御子神として、
磐筒男神・磐筒女神が生まれたとされているので、
男女の夫婦神だと考えられます。
なお、この両神の子が「経津主神」(ふつぬしのかみ)です。
経津主神は「日本書紀」にしか出てこない神です。
「国譲り」では、建御雷之男神(たけみかづちのおのかみ)と共に
出雲の国に降り立ち大国主命と交渉したとされています。
 
石折神と根折神の他、
剣の鍔(つば)から滴った血から
建御雷之男神(たけみかづちのをのかみ)を始めとする3柱の神、
剣の柄(つか)から滴った血から
闇淤加美神(くらおかみのかみ)などの2柱の神が生まれました。
これら8柱の神は、刀剣を作る順序を述べたものと言われています。
 
 

別名

  • 磐裂神
  • 根裂神
 

神格

  • 剣の神
  • 生命力の神
 

ご利益(神徳)

  • 生命力向上
 

お祀りする神社

  • 加蘇山神社(栃木県鹿沼市)
  • 赤星神社 (愛知県江南市)
  • 御逗子神社(奈良県橿原市)

f:id:linderabella:20210226164459j:plain