風木津別之忍男神(かざもつわけのおしおのかみ)

伊邪那岐命と伊邪那美命が「神生み」生んだ神様で、
「家宅六神」の最後の神様で、
風にまつわる神と考えられています。
 
 

どんな神様?

屋根の神

伊邪那岐命と伊邪那美命が「神生み」で生んだ神様で、
家宅六神のうちの一柱です。
「風」とつくことから、風にまつわる神と考えられています。
 
「風木津」をカザモツと読んで「風・持つ」とし、
屋根が風に吹き飛ばされないように支え、持ちこたえるという意味で、
家屋の耐久性の表象とする説があります。
 
 

f:id:linderabella:20210226164459j:plain