闇淤加美神(くらおかみのかみ)・闇御津羽神(くらみつはのかみ)

妻・伊邪那美命の死を嘆き悲しんだ伊邪那岐命が
死因の原因となった火之迦具土神(ひのかぐつちのかみ)を斬った
刀の柄に集まった血が手の股から漏れ出て成った二柱の神で、
対をなして、雨を司っている竜神とされています。
 
 

どんな神様

 

剣から流れ落ちた血から生まれた1対の神様

伊邪那岐命が火之迦具土神を斬り殺した際に
斬った御刀の柄に溜まった血が、指の間から漏れ出て、
「闇淤加美神」(くらおかみのかみ)とともに
闇御津羽神(くらみつはのかみ)が生まれたとしています。
『日本書紀』では、軻遇突智命を斬って生じた三柱の神のうちの一柱が
「高龗神」(たかおかみのかみ)であるとしています。
 

谷の急流を表す龍の化身。龍は荒れ狂う、流れの激しい川の象徴

神名の「闇」(くら)は暗い谷間を、
「淤加美」(おかみ)は「靇」とも書く「龍」の古語で、
「御津羽」(みつは)は「水早」で水の出始めを表し、
合わせて「谷川の龍神」を意味します。
 
日本では、天竜川や九頭竜川と言った急流で知られる河川には
「龍」の字が当てられています。
古代の人々にとって川は恵みをもたらす水源でもありますが、
洪水などの水害を引き起こす
恐ろしい龍の化身であると考えられてきました。
この1対の神様は、水を操り、田畑を潤し、
豊かな実りをもたらしてくれる神として、崇められてきたのです。
  
 

別名

  • 龗神・淤加美神・意加美神
  • 高龗神
 
 

神格

  • 水の神様
  • 龍神
  • 谷を流れる川を象徴した神様
 
 

ご利益(神徳)

  • 雨乞い(祈雨・止雨)
  • 農水安全
  • 治水
  • 商売繫盛
  • 縁結び
 

関連神

 
 

闇淤加美神・闇御津羽神をお祀りする神社

  • 貴船神社(京都府京都市ほか)
  • 高龗神社(奈良県天理市)
  • 白龍神社(名古屋市中村区)
  • 深見神社(神奈川県大和市)
  • 銚港神社(千葉県銚子市)
  • 榛名神社(群馬県高崎市)

f:id:linderabella:20210226164459j:plain