天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)

宇宙の中心に存在する、一番最初に出現した創造神。
 
 

どんな神様?

『古事記』の冒頭に、
混沌としていた空間で初めに天と地が分かれた時に現れ、
たちまちのうちにその姿を隠されました。
 
「天之御中主神」という名前は、
「天(宇宙)の中心の主である神」という意味です。
 
『古事記』での記述は少ないのですが、
中世以降に
伊勢神宮外宮の神様「豊宇気毘売神」(とようけびめ)と同一とされ、
食物の神様、五穀豊穣の神様として信仰されました。
 
また、「天御中主」と書いて世界の中心を表すことから、
道教や仏教の「北極星信仰」と習合され、
その守護神「妙見菩薩」と結びついたり、
安産の信仰が篤い「水天宮」の神様としても知られています。
 
 

別称

  • 天之御中主命(あめのみなかぬしのみこと)
  • 天御中主尊 (あめのみなかぬしのみこと)
  • 妙見菩薩  (みょうけんぼさつ)
 

ご利益

  • 開運招福
  • 健康長寿
  • 安産守護
  • 戦勝祈願
 

神格

  • 造化三神(天之御中主神・高御産巣日神・神産巣日神)
  • 別天津神(造化三神・宇摩志阿斯訶備比古遅神・天之常立神)
  • 宇宙の根源神
 

天之御中主神を祀る神社

 

f:id:linderabella:20210226164459j:plain