天之常立神(あめのとこたちのかみ)

天之常立神(あめのとこたち)は、別天神(ことあまつかみ)の最後の一柱で、
国土浮漂の時、宇摩志阿斯訶備比古遅神(うましあしかびひこぢ)の次に
葦芽に依って化成した独神(ひとりがみ)です。
現れるとすぐに姿を隠してしまいました。
 
 

どんな神様?

「天」(あめ)は高天原ではなく、漠然と天空全体を指し、
「常(床)」(とこ)は恒常となる土台、
「立」(たち)は出現を意味しています。
このことから、「天空が永久に存立する」という意味になります。
具体的な造形や事跡を伴わない観念的な神様で、
「地」に相対する「天」そのものの礎を神格化した存在です。
 
次に生まれた「国之常立神」と一文字違いの名前ですが、
「国之常立神」が地上を見守る神様であるのに対して、
「天之常立神」は
「天空の世界が素晴らしい状態でいつまでも続くように見守っている
 人知を超えた力を持つ神様」と言えます。
 

別称

  • 天常立尊(神代紀)
 

ご利益

  • 産業開発
  • 必勝祈願
  • 交通安全
 

神格

 

天之常立神をお祀りする神社

f:id:linderabella:20210226164459j:plain