伊邪那岐命(いざなきのみこと)・伊邪那美命(いざなみのみこと)

f:id:linderabella:20210226164459j:plain

 
 
「神代七代」(かみのよななよ)の最後に登場する夫婦神です。
国土の修理固成(しゅりこせい)の命を天津神から受け、
「国生み」、「神生み」を行い、
天地の形成に続く国土形成の主体となりました。
 
 

どんな神様?

日本の国土を生んだ夫婦の神

『日本書紀』の一書には、
淤母陀琉神・阿夜訶志古泥神を父母として生まれたと
明確に記されています。
 
天津神達が話し合って、伊邪那岐命・伊邪那美命に
「この漂ってる国を固めて完成させなさい」と命じられると、
二柱は最初に作り出した島・淤能碁呂島(おのろごしま)に降り立つと、
世界で最初の結婚の儀式を行ったとされています。
二柱はその子供として日本列島の島々を生む「国生み」、
更に、山、海、風など自然界のあらゆる神々を生む「神生み」を行い、
地上世界は誕生しました。
つまり、伊邪那岐命と伊邪那美命は日本の神話では実質的な創造主です。
 
『日本書紀』では、この二柱を父母として、
皇族の祖神である天照大御神が生まれたと記されています。
そのため、皇祖伸の親神として尊崇敬を受けることになりました。
 
ところが、妻の伊邪那美命は、
火の神「火之迦具土神」(ひのかぐつちのかみ)を生んだ時の火傷が原因で
死者の国「黄泉の国」へ旅立ってしまいます。
悲しんだ伊邪那岐命は妻を追って黄泉の国に赴くものの、
そこで変わり果てた妻を目の当たりにして、逃げ帰ってしまいました。
 
伊邪那岐命は黄泉の国の穢れを落とすために禊を行い、
三貴子(天照大御神・月読命・須佐之男命)を誕生させました。
一方、伊邪那美命は黄泉の国に留まって、人の死を司る神様になりました。
 

伊邪那岐神

伊邪那岐命は「国生み」「神生み」を行なった男神です。
妻の伊邪那美命とともに大八洲(おおやしま)の国を始め、
山川草木や万物を司る神々を生みます。
 
伊邪那美命が命を落とすと、妻を追って黄泉の国に赴くものの、
そこで変わり果てた妻を目にして逃げ帰ってしまいます。
地上の世界に戻ると、禊により更に多くの神々を誕生させ、
最後に三貴子(天照大神、月読命 、須佐之男命)を誕生させ、
それぞれに統治を委ねて、
『古事記』では淡海の多賀(多賀大社)に、
『日本書紀』では淡路に幽宮(かくりのみや)をつくって鎮まったと
されています。
 
 

伊邪那美命

伊邪那美命は「国生み」「神生み」を行なった創造の女神であり、
母神であると同時に、死に関わる神という顔を併せ持った神です。
 
伊邪那美命は、神でありながら最初に死を体験し、
それによって「黄泉の国」(死の国)が始まったとされます。
 
夫の伊邪那岐命が黄泉の国に迎えに来てくれますが、
既に腐敗し、雷神に取り囲まれた変わり果てた姿を見て逃げ出したため、
激怒して黄泉の軍勢を率いて追いかけます。
この世とあの世の境界である黄泉平坂で対峙した伊邪那美命は、
「これからは地上の人間を一日千人殺すことにする」と言い放つと、
伊邪那岐命は「それならば私は一日に千五百の産屋を建てよう」と宣言しました。
このように、「生の神」から一転「死の神」となった伊邪那美命は、
寿命を司る神として「延命長寿」などの神徳で信仰されるようになりました。
 
墓所
伊邪那美命の墓所とされる「比婆山」(ひばやま)
日本各地にあります。
明治政府は、明治33年調査を行い、
宮内省は松江市八雲村の「神納山」を最も有力な陵墓参考地に認定。
内務省は鳥取県日南町と島根県奥出雲町の境にある
船通山の北にある「御墓山」を「伊弉冉尊御陵流伝地」に指定していました。
 
本居宣長の『古事記伝』の記述からは、
出雲と伯耆の境に近い、
島根県安来市の「比婆山」の方が妥当性が高いとしています。
 
『日本書紀』には、
紀伊の熊野の有馬村(三重県熊野市有馬の「花窟神社」)に葬られたと
記されています。
 
 

別称

  • [兄]伊邪那岐神 [妹]伊邪那岐命 ・・・古事記
  • [兄]伊弉諾神  [妹]伊弉冉神  ・・・日本書紀
  • 伊邪那美命
    • 黄泉津大神:黄泉国の主宰神
    • 道敷大神 :黄泉比良坂で伊邪那岐命に追いついた神
 

ご利益

  • 出世開運
  • 商売繁盛
  • 豊作・大量
  • 家内安全
  • 恋愛・縁結び
  • 夫婦和合
  • 延命長寿
 

神格

  • 国土創世の神
  • 人類起源の神
  • 結婚の神

 

伊邪那岐命・伊邪那美命をお祀りする神社

伊邪那美命の死によって分かれた二柱ですが、
それぞれを単独で祀る神社は少なく、ペアで祀る例が多い。
二柱は生命の誕生と死を司る神様として、
特に「延命長寿」の神様としても信仰されています。
 
  • 筑波山神社  (茨城県つくば市)
  • 三峯神社   (埼玉県秩父市)
  • 多賀大社   (滋賀県多賀町)
  • 伊佐奈岐宮  (三重県伊勢市)
  • 花の窟神社  (三重県熊野市)
  • 伊弉諾神宮  (兵庫県淡路市)
  • 江田神社   (宮崎県宮崎市)

f:id:linderabella:20210226164459j:plain