神産巣日神(かみむすびのかみ)

『古事記』では天地開闢の時、高天原に
天之御中主神(あまのみなかぬしのかみ)、高御産巣日神(たかみむすひのかみ)に続いて
三番目に登場した神。
 
 

どんな神様?

神々の「御祖」(みおや)として万物の生命を育む神様

神産巣日神は「産霊(ムスビ)」の名を持つことから
万物生成の働きを象徴する神様です。
 
須佐之男命が、高天原を追放された出雲に降りる途中、
大宜都比売(おおげつひめのかみ)に食べ物を求めた際、
口や鼻、尻からご馳走を取り出して須佐之男命の前に並べました。
それを見た須佐之男命は「そんな汚いものを食わせるのか!」と怒り、
大宜都比売神を殺してしまいました。
大宜都比売神の体からは五穀が生じ、
神産巣日神がそれらを採取したというエピソードから、
五穀の種をもたらした神で、
生産・生育を司る「農業神」としての性格を持ちます。
そのためか、女神的なイメージも併せ持っています。
 
<大宜都比売神の体から生じた五穀など>
  • 頭  :蚕
  • 両目 :稲種
  • 両耳 :粟
  • 鼻  :小豆
  • 陰部 :麦
  • 尻  :大豆
 

出雲系の神々の祖神的存在

神産巣日神は出雲と深く関係しているとされます。
『出雲国風土記』では御祖命(みおやのみこと)と呼ばれており、
出雲の神々の母なる神として崇拝されています。
「古事記」では、大国主神が八十神に謀殺された時、
「𧏛貝比売」(きさがいひめ)と「蛤貝比売」(うむぎひめ)をという
貝の女神を遣わされて蘇生させたり、
自分の御子神である少名毘古那神(すくなびこなのかみ)をパートナーにさせて、
自らが命じた「国造り」のサポートさせました。
他にも、「国譲り」の後に
大国主神が住んだ「杵築大社」の造営にも関わるなど、
「出雲系」の神様を強力にバックアップしています。
 

宮廷祭祀の重要な神

高御産巣日神ともに、古くから「大嘗祭」や「祈年祭」などで祀られる
など、古くから宮廷祭祀の重要な神とされていますが、
民間では祭神として祀る神社は限られているため、
あまり一般的な神様ではありません。
 
 

別称

  • 神産巣日神(古事記)
  • 神皇産霊尊(日本書紀)
  • 神魂命(出雲国風土記)
  • 神皇産霊命(かみむすびのみこと)
 

関連神

  • 少彦名命・・・ 穀物神、医療神、酒造の神、温泉神
 

ご利益

  • 五穀豊穣
  • 延命長寿
  • 願望成就
  • 無病息災
 

神格

 

神産巣日神を祀る神社

f:id:linderabella:20210226164459j:plain