高御産巣日神(たかみむすびのかみ)

天地初発の時に、天之御中主神の次に高天原に出現、
独神となって身を隠しました。
高天原の最高司令神。
 
 

どんな神様?

別名「高木神」の通り、
本来は、高木が神格化されたものを指したと考えられています。
 
「産霊」(むすひ)は生産・生成を意味する言葉で、
「神皇産霊神」(かむむすび)とともに、
万物を生み出す霊妙な生成力を表します。
 
古くから皇室の祭祀において重要視された神で、
豊穣を感謝する秋の「大嘗祭」(だいじようさい)
春の「祈年祭」(としごいのまつり)に祀られます。
 
主に、天照大御神の背後で重要な決定を行うという、
高天原の中枢にいる長老といったポジションで、

天照大御神とともに高天原の政治指令神として、

種々の命令を発動したりしています。

 

天津神の葦原中国平定の際には、

天照大御神と共に、神々に派遣を司令しました。

神武東征では、天皇を助けるため、

天照大御神と共に熊野の高倉下の夢に現れて、横刀を高倉下に授けたり、

進軍の先導役として天から八咫烏を遣わしました。

 

 
『古事記』では、
天照大御神の御子神・天忍穂耳命(あめのおしほみみ)が、
高御産巣日神の娘・万幡豊秋津師比売命(よろずばたとよあきつしひめ)
結婚して生まれたのが、天孫・邇邇芸命(ににぎのみこと)です。
 
 

別称

  • 高御産巣日神(古事記)
  • 高皇産霊尊 (日本書紀)
  • 高木神   (葦原中津国平定・天孫降臨)
 

関連神

  • (御子神)思金神      ・・・知恵の神
  • (御子神)万幡豊秋津師比売命・・・天忍穂耳命の妻となり、
                     天火明命、邇邇芸命を生む
 

ご利益

  • 諸願成就
  • 開運招福
  • 厄除け
  • 縁結び
 

神格

 

高御産巣日神を祀る神社

f:id:linderabella:20210226164459j:plain