豊雲野神(とよぐもぬのかみ)

「神代七代」(かみのよななよ)の神々の中で、
国之常立神(くにのとこたち)に次いで二番目に登場する神です。
国之常立神と豊雲野神の二神だけが配偶神のない独神(ひとりがみ)で、
別天つ神(ことあまつかみ)同様身を隠しました。
 
 

どんな神様?

『古事記』では、
「国の礎」である国之常立神の出現を受けて登場する神で、
国・大地の生命に満ちた豊穣な状態を神格化したものとしています。
 
『日本書紀』では、
天と地が分かれた後、葦牙(あしかび)のようなものから
国之常立尊、国狭槌尊(くにほさづち)に続いて、
陽気のみを受けて出現した男神とされています。
 
「豊かな(=とよ)雲(=くも、の)」の意であり、
雲を神格化した存在とされています。
 
豊かな雲に覆われて雨・水の心配がいらない原野、
また雲に覆われて雨・水に困らない豊かな原野、
どちらにしても葦原の原型を連想させます。
 
 
 

別称

  • 豊雲野神 :古事記
  • 豊国主尊
  • 豊斟渟神
  • 豊組野尊
 

ご利益

  • 五穀豊穣
  • 無病息災
 

神格

  • 神代七代の第二代目の神
  • 大地の根底にある豊穣な生成力・生命力
  • 雲に覆われた豊かな大地の神
 

豊雲野神をお祀りする神社

  • 御嶽神社(東京都大田区)
  • 岩根神社(島根県雲南市)

f:id:linderabella:20210226164459j:plain