宇比地邇神(ういじにのかみ)・須比智邇神(すいじにのかみ)

「神代七代」(かみのよななよ)の神々の中で、
二番目に登場する神です。
国之常立神と豊雲野神の二神だけが配偶神のない独神(ひとりがみ)で、
別天つ神(ことあまつかみ)同様身を隠しました。
 
 

どんな神様?

「ウ」「イジ」「ニ」は全て土を意味し、
「ス」は砂や泥土を意味する古語と言われています。
 

また、「ウ」は「初」と解釈して、

この世界における最初の土であることを強調しています。

 
 

別称

  • [兄]宇比地邇神[妹]須比智邇神・・・古事記
  • [兄]埿土煮尊 [妹]沙土煮尊 ・・・日本書紀
  • [兄]泥土煮尊、[妹]沙土煮尊・・・先代旧事本紀

 

ご利益

  • 国土安穏
  • 五穀豊穣
 

神格

  • 神代七代の第三代目の神
  • 土の神
  • 砂と泥土の神
 

宇比地邇神・須比智邇神をお祀りする神社

  • 熊野速玉大社(和歌山県新宮市)
  • 沙田神社  (長野県松本市)

f:id:linderabella:20210226164459j:plain