宇比地邇神・須比智邇神

(うひぢにのかみ・すひぢにのかみ)
「神代七代」(かみのよななよ)の第3代の神。
兄・宇比地邇神うひぢにのかみが男神、妹・須比智邇神すひぢにのかみが女神で、
二神一対で一代となります。
それまでは独神でしたが、
この代で初めて男女一対の神となりました。
 
 
 

どんな神様?

豊雲野神(とよくもののかみ)より前の神々が
みな独神で身を隠したのに対して、
これ以降の神々は隠したという記述がありません。
 
「比地(イジ)」は泥、「須(ス)」は砂や泥土を意味するので、
この二神が水分を多く含んだ泥土、泥砂を表する神々です。
神話的には、水分を多く含む土地は
植物の生長を保障する豊かな土地を意味しています。
伊邪那岐命・伊邪那美命による「国生み」の前提となる
豊かな大地の始源と言えるでしょう。
 
 

別称

  • [兄]宇比地邇神[妹]須比智邇神・・・『古事記』
  • [兄]埿土煮尊 [妹]沙土煮尊 ・・・『日本書紀』
  • [兄]泥土煮尊、[妹]沙土煮尊 ・・・『先代旧事本紀』

 

 

ご利益

  • 国土安穏
  • 五穀豊穣
  • 生産増大
  • 開運招福
 
 

神格

  • 神代七代の第三代目の神
  • 土の神
  • 砂と泥土の神
 
 

宇比地邇神・須比智邇神をお祀りする神社

f:id:linderabella:20210226164459j:plain