宇摩志阿斯訶備比古遅神(うましあしかびひこじのかみ)

天地の始まりにおいて、国土が若く浮漂していた時に、
葦の芽のように伸びる物によって成った神。
「別天神」の第四の神で、独神となって身を隠しました。
 
 

どんな神様?

阿斯訶備(=葦芽(あしかび))のように
泥の中から生き生きと延びる葦の芽のような、生命力を神格化した神。
 

別称

  • 可美葦牙彦舅尊(うましあしかびひこじのみこと)
 

ご利益

  • 農業守護
  • 五穀豊穣
  • 開運招福
  • 健脚
  • 交通安全
  • 足の病の治癒
 

神格

 

宇摩志阿斯訶備比古遅神を祀る神社

f:id:linderabella:20210226164459j:plain