彌都波能売神(みつはのめのかみ)

火の神を生んだことによって火傷をした伊邪那美命は病に臥し、
苦しみながらも生んだ、水の女神様です。
 
 
 

どんな神様?

 

水の女神

『古事記』によると、
伊邪那美命は火の神・火之加具土神(ひのかぐつちのかみ)を生んだことにより
大火傷を負います。
しかし、 床に伏せながらも神々を生み続けました。
嘔吐、糞を出したのに続けて、最後に尿をしますが、
その尿からも二柱が生まれました。
「彌都波能売神」(みつはのめのかみ)と「和久産巣日神」(わくむすびのかみ)です。
 
「彌都波」(みつは)については、
「水つ早」「水走」とする説、
「水這う」「水生まう」とする説などがあります。
 
彌都波能売神(みつはのめのかみ)は単なる「水の神」ではなく、
水が流れることを司る神、つまり「灌漑・水利の神」であり、
「農耕」に繋がりを持つ神です。
  
 

神格

  • 水の神様
  • 井戸の神様
  • 灌漑用水の神様
  • 農耕の神様
 

ご利益(神徳)

  • 祈雨
  • 止雨
  • 治水
  • 農耕守護
  • 商売繁昌
  • 子宝
  • 安産
 

お祀りする神社

  • 籠神社 奥宮・真名井神社    (京都府宮津市)
  • 賀茂別雷神社 末社・川尾社   (京都府京都市)
  • 丹生川上神社          (奈良県吉野郡)
  • 室生龍穴神社          (奈良県宇陀市)
  • 熊野本宮大社(下四社 第十一殿)(和歌山県田辺市)
  • 大滝神社 摂社・岡田神社    (福井県越前市)

f:id:linderabella:20210226164459j:plain