宗像三女神(むなかたさんじょしん)

「誓約」(うけい)の神話で、

天照大御神が須佐之男命の剣から生んだ三柱の女神、

多紀理姫命(たぎりひめのみこと)

多岐都姫命(たぎつひめのみこと)

市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)のこと。
系譜では須佐之男命の子となっています。
 
あらゆる「道」の最高神として、
航海の安全や交通安全などを祈願する神様として崇敬を集めています。
福岡県宗像市に鎮座する「宗像大社」や
広島県廿日市市に鎮座する「厳島神社」などのご祭神です。
 
 

どんな神様?

高天原にやってきた須佐之男命は
「高天原を奪うつもりはないことを」天照大御神に証明するために、
お互いに子をもうけるという「誓約」(うけい)をします。
まず須佐之男命が「十拳の剣」(とつかのつるぎ)を手渡すと、
天照大御神はそれを受け取ると三つに折り、
「天真名井」(あめのまない)の水ですすいでから噛み砕き、
息を吹き出すと、その息によって起こった霧から3柱の女神が生まれました。
それが、「宗像三女神」(むなかたさんじょしん)です。
「宗像三女」は天照大御神の息から生まれましたが、
須佐之男命は、自身の剣を物実(ものざね)=材料として生まれたため、
三女神は自分の子だと主張。
自分の所有物である剣から心優しい女神が生まれたのは、
自分に邪なことがなかったからであるとし、その身の潔白を訴えました。
 

宗像三女神の記紀での一覧

  第一子 第二子 第三子
『古事記』 多紀理毘売命
(たきりひめのみこと)
[別名] 奥津嶋比売命
   (おきつしまひめのみこと)
市寸嶋比売命
(いちきしまひめのみこと)
[別名] 狭依毘売命 
   (さよりびめのみこと)
多岐都比売命  
(たきつひめのみこと)
『日本書紀』
  ー 本文
田心姫
(たこりひめ)
湍津姫
(たぎつひめ)
市杵嶋姫
(いちきしまひめ)
『日本書紀』
  ー 書1
瀛津嶋姫
(おきつしまひめ)
湍津姫
(たぎつひめ)
田心姫
(たごりひめ)
『日本書紀』
  ー 書2
市杵嶋姫命
(いちきしまひめ)
沖つ宮の神
田心姫命
(たこりひめ)
中つ宮の神
湍津姫命
(たぎつひめ)
辺つ宮の神
『日本書紀』
  ー 書3
瀛津嶋姫命
(おきつしまひめ)
湍津姫命
(たぎつひめ)
田霧姫命
(たぎりひめ)
 

宗像大社

天照大御神から、
歴代の天皇を助け、国家安泰のために働くようにとの
神勅(しんちょく)を受けた三姉妹の女神は、
玄界灘にある沖ノ島・大島、それから本土の田島に降り立たれました。
宗像三女神が祀られている3ヶ所のお宮を総称して
「宗像大社」と言います。
「宗像大社」は平成29(2017)年に「世界文化遺産」に登録されました。
 

別名

  • 宗像三神(むなかたのかみ)
  • 宗像神 (むなかたのかみ)
  • 道主貴 (みちぬしのむち)
  • 胸形神 (みちぬしのむち)
 

神格

  • 海の女神
  • 水の神
  • 道の神
  • 財福の神
  • 芸能の神
 

ご利益

  • 交通安全
  • 国家守護・国家安泰
  • 航海安全
  • 豊漁
  • 商売繁盛
  • 金運・財運向上
  • 福徳円満
  • 技芸上達
 

祀られている神社

  • 宗像大社(福岡県宗像市)
    • 田心姫神 [沖津宮(おきつぐう)
    • 湍津姫神 [中津宮(なかつぐう)
    • 市杵島姫神[辺津宮(へつぐう)
  • 厳島神社[広島県宮島]
  • 江島神社[神奈川県藤沢市]
 

f:id:linderabella:20210226164459j:plain