市寸嶋比売命(いちきしまひめのみこと)

天照大御神と須佐之男命の「誓約」で誕生した
「宗像三女神」のうちの一柱。
宗像三女神を祭神とする福岡県の宗像大社では、
総社(福岡県宗像市)の辺津宮(へつみや)に祀られています。
弁財天という神様と同一と考えられています。
 
 

どんな神様?

 
誓約(うけい)
天照大御神と須佐之男命が、
天の安の河(あめのやすのかわ)を挟んで行った
「誓約」(うけい)の時に生まれた五男三女神のうちの
宗像三女神の一柱で、
古くより、海神、水神として宗像大社や厳島神社に祀られ、
更に各地の湖や池といった水辺に勧請されています。
 
 
天孫降臨
『日本書紀』には、
天照大御神が邇邇芸命の天孫降臨に際して宗像三女神に
「邇邇芸命とその子孫である天皇家を助け、
 皇室の御繁栄をお祈りしなさい」という意味のご神勅を与えています。
宗像大社では、ご神勅を受けて地上に降りられた神様は
天孫・邇邇芸命と宗像三女神だけとされ、
天照大御神のご信頼、そのご神威は格別のものと理解出来ると説明しています。
 
 
市寸嶋比売命と大国主命
「神屋楯比売命」(かむやたてひめのみこと)と同一視されています。
大国主神の妻の一柱で、2柱の間には、
「恵比寿様」として知られる「事代主神」(ことしろぬし)が誕生しています。
「神屋楯比売命」は『古事記』にのみ登場する神で、
『日本書紀」には見られません。
 
 
市寸嶋比売命と弁財天
神仏習合の本地垂迹の考えの下、
「市寸嶋比売命」はインドの神様である「弁才天」と同一視されました。
水に関わる神様であるということ、
美人であることが結びついた理由と思われます。
「弁才天」が「芸術」「学問」「水」に加えて、
「幸福」「美」「富」も司ることから、
「市寸嶋比売命」にもこのような性格が付与されたようです。
 
 
市寸嶋比売命と瀬織津姫
瀬織津姫(せおりつひめ)という、
神道の祝詞の中で最も重要視される
『大祓詞』に出てくる神様と同一視されるます。
『古事記』・『日本書紀』には登場していませんが、
『大祓詞』によると、
流れの速い瀬に坐し、罪穢れを海に流す祓いの女神とされています。
 
 
市寸嶋比売命と龍神様
「弁財天」との関わりから、
「市寸嶋比売命」は「龍神様」とも縁の深い神様と言われています。
弁財天のご眷属は、蛇や龍であるとされたり、
龍が弁財天の化身という説もあるため、
市寸嶋比売命を祀る神社では、
龍神様を祀っていたり(竹生島神社)、
龍神伝説が残るところ(江島神社・龍口明神社など)もあります。
 
 

名前の由来

 
市寸嶋比売命の「市寸(いちき)」は「斎き(いつき)」のこと。
「斎き」とは、神を祀ることを指していて、
「イツキシマ」で祀る島のことを指します。
別名の「狭依毘売命」(さよりひめのみこと)の「サ」は
神霊を指していると思われます。
つまり、「神霊が寄る」で神霊が宿るもの。
古代は島や山には神が宿っている、
もしくは自然物そのものが神と考えていましたから、
サヨリで案に島や山を指していたのかもしれませんし、
「神霊を寄せる」で「巫女」のことだったかもしれません。
一般的には巫女と見られています。
市寸嶋比売命が三女神の中で特別視されるのは、
巫女だったことがあるのかもしれません。
 

別名

  • 市杵島比売命
  • 市杵嶋姫命
  • 市寸島比売命
  • 市岐嶋毘賣命
  • 瀛津嶋姬(おきつしまひめ)
  • 狭依毘売命(さよりびめのみこと)
  • 中津島姫命(なかつしまひめのみこと)
  • 道主貴(みちぬしのむち)
 

神格

 
  • 水の女神
  • 海の女神
  • 航海の神
  • 祓いの神(瀬織津姫の亦の名として)
  • 子守の神(天孫・邇邇芸命の養育係であったとする伝承あり)
  • 財宝の神(弁財天習合による)
  • 芸事の神(弁財天習合による)
 

御利益

  • 厄除開運
  • 航海安全
  • 交通安全
  • 富貴栄達
  • 商売繁盛
  • 金運・財運向上
  • 学業成就
  • 芸事上達
 

祀られている神社

  • 全国の宗像神社
  • 全国の厳島神社
  • 全国の八王子神社
 
多紀理毘売命・市寸嶋比売命の二神
  • 津野神社・厳島社(滋賀県高島市今津町)
 
市寸嶋比売命
  • 市杵島神社  (滋賀県高島市)
  • 松尾大社   (京都市西京区嵐山)
  • 江ノ島神社  (神奈川県藤沢市江の島)
  • 都久夫須麻神社(滋賀県長浜市)
  • 宇佐神宮   (大分県宇佐市)
 

f:id:linderabella:20210226164459j:plain