多岐都比売命(たぎつひめのみこと)

天照大御神と須佐之男命の「誓約」で誕生した
「宗像三女神」のうちの一柱。
玄界灘近海に浮かぶ「大島」の宗像大社「中津宮」に祀られています。
 
 

名前の由来

須佐之男命の子供として、
最後に生まれた女神が多岐都比売命(たぎつひめのみこと)です。
「たぎつ」とは、水が激しくさかまき流れる意。
「激流の女神」として,玄界灘の波浪を表したものか。
「多岐」(たぎ)は「湍」すなわち早瀬・急流の意とする説があります。
 

別称

  • 多岐都比売神
  • 湍津姫命(たきつひめのみこと)
  • 湍津姫神
  • 田寸津比売命
 

御利益

  • 航海安全
  • 交通安全
  • 国家安泰
  • 財運増大
  • 豊漁
  • 商売繁盛など
 

祀られている神社

  • 全国の宗像神社
  • 全国の厳島神社
  • 全国の八王子神社
 
多岐都比売命
  • 岩木山神社(青森県弘前市)

f:id:linderabella:20210226164459j:plain