多紀理毘売命(たきりひめのみこと)

天照大御神と須佐之男命の「誓約」で誕生した
「宗像三女神」のうちの一柱。
 
 

どんな神様?

 
須佐之男命の子供として最初に生まれた女神が
「多紀理毘売命」(たきりひめのみこと)です。
 
後に、天照大御神によって玄界灘の守護神となるように命じられました。
福岡県の宗像大社の祭神で、
沖ノ島にある「沖津宮」に祀られています。
 
『古事記』には、奥津宮に坐す多紀理比売命は大国主命と結婚して、
「阿遅鋤高日子根神」(あぢすきたかひこね)と「下照姫」(したてるひめ)
二柱の神を生んだと書かれています。
 
 

名前の由来

 
多紀理毘売命の「タキリ」は
航海の障害となる「海上の霧」のこと。
亦の名を「奥津島比売命」(おきつしまひめ)
沖の島に坐すという意味です。
 
 

御利益

  • 航海安全
  • 交通安全
  • 国家安泰
  • 財運増大
  • 豊漁
  • 商売繁盛など
 

祀られている神社

  • 全国の宗像神社
  • 全国の厳島神社
  • 全国の八王子神社
 
多紀理毘売命・市寸島比売命の二神
  • 津野神社・厳島社(滋賀県高島市今津町)
 
多紀理毘売命
  • 日光二荒山神社(栃木県日光市)
  • 日光二荒山神社・別宮の滝尾神社(栃木県日光市)
  • 尾張大國霊神社・別宮の宗形神社(愛知県稲沢市)
  • 賀茂別雷神社 ・末社の山森社 (京都府京都市北区)
  • 日吉大社・摂社の宇佐宮    (滋賀県大津市)
  • 高鴨神社・摂社の西神社    (奈良県御所市)
  • 気多大社・摂社の奥津島神社  (石川県羽咋市)
  • 出雲大社・荒垣内の神魂御子神社(島根県出雲市)
 

f:id:linderabella:20210226164459j:plain