泣沢女神(なきさわめのかみ) 

伊邪那美命が
火の神・火之迦具土神(ひのかぐつちのかみ)を産んだことによる
火傷によって、遂にお亡くなりになりました。
「愛しい私の妻を、ただ一人の子に代えようとは思いもしなかった」と
伊邪那岐命が言って、伊邪那美命の枕元に腹這いになって泣き悲しんだ時に、
その涙から、「泣沢女神」(なきさわめのかみ)は生まれました。
 
 

どんな神様?

 

水の神、延命の神

「泣沢女神」(なきさわめのかみ)は、
火之迦具土神を生んで死んだ伊邪那美命の死を悲しむ伊
邪那岐命の涙から生まれた神様です。
 
「沢」は「多(沢)」のことで、水が多く流れる出る意味で、
泉や井戸、胡沼などの水の湧き出る場所を指します。
そこから「井戸神」として信仰され、
生命力の源である水の神として新生児を守護する神であり、
生命長久の神ともされています。
江戸期の国学者・本居宣長は『古事記伝』にて「水神」「人命を祈る神」、
平田篤胤は「命乞いの神」と称するなど、
水の神、延命の神として古代より信仰を集めています。
 
 

泣き女

昔の日本では、
葬儀の時に泣く儀式があり、泣き専門の女性がいたそうですが、
「泣沢女神」はその泣き女の役割の神格化とも考えられています。
その役目は、死者の霊魂を慰撫するものとされていますが、
古くは招魂(死者の霊魂を招く)呪術を行ったものとも考えられています。
 
 

別名

  • 哭沢女命
  • 啼沢女命
 

神格

  • 水の神様
  • 降雨の神様
  • 井戸の神様
  • 出産
  • 延命長寿
  • 新生児守護
 

ご利益(神徳)

  • 安産
  • 新生児守護
  • 子育て
 

お祀りする神社

  • 畝尾都多本神社(奈良県橿原市)
    [通称-哭沢神社:ナキサワメを水神として祀っています]
  • 藤並神社   (和歌山県有田川町)
  • 日吉神社   (滋賀県高島市)
  • 伊豆山神社  (秋田県大仙市)
  • 北桑名総社  (三重県桑名市)

f:id:linderabella:20210226164459j:plain