淤縢山津見神(おどやまつみのかみ)

『古事記』では、殺された火之迦具土神の胸が成った神として
登場しています。
『日本書紀』には登場していません。
 
 

どんな神様

 
伊邪那美命が火之迦具土神を産んだことによる
火傷により死んでしまったことに怒った伊邪那岐命は
火之迦具土神を十拳剣「天之尾羽張」で斬り殺してしまいますが、
殺された火之迦具土神からも8柱の神々が新たに誕生したました。
「正鹿山津見神」は、火之迦具土神の頭から成った神です。
 
火の神である火之迦具土神の説話自体が
当時の焼畑耕作民文化が母体となった火の起源説話とされており、
その体が多くの火山になり、
その血は火山の活動・噴出物を表象しているとされています。
そのため、正鹿山津見神含めた八柱の神々の命名には
火山や山焼きに関連しているという説があります。
 
 
「淤」(お)は「泥」のことで、
「縢」(ど)は「カガル」という言葉で、
ボタン穴のほつれ糸などを糸でしっかりとからげる意味です。
このことから、淤縢山津見神(おどやまつみのかみ)
「泥がしっかりと固まる」「山の神」という意味ではないかと
推測されています。

f:id:linderabella:20210226164459j:plain