大宜都比売神(おほげつひめのかみ)

『古事記』においては、
まず伊邪那岐命と伊邪那美命の「国産み」において、
伊予之二名島(四国)の中の阿波国の別名として初めて登場。
その直後の「神産み」において「大宜都比売神」が再度生まれています。
更に高天原を追放された須佐之男命に料理を振る舞う神としても登場しています。
 
 

どんな神様?

 

五穀の神

大宜都比売神(おおげつひめ)は、
『古事記』において「五穀」や「養蚕」の起源として書かれ、
「保食神」(うけもちのかみ)とも呼ばれ、
食物を司る神様として知られています。
 
まず、伊邪那岐命と伊邪那美命による「国生み」で、
四国が生まれた場面に登場しています。
「伊予之二名島」(四国のこと)は体は1つだが顔が4つあり、
伊予国は「愛比売」(えひめ)
讃岐国は「飯依比古」(いひよりひこ)
粟国(=徳島県)は「大宜都比売」(おほげつひめ)
土佐国は「建依別」(たけよりわけ)と言う。
 
 徳島の「一宮神社」には、大宜都比売神が祀られていますが、
同じく徳島には「上一宮粟神社」という神社があり、
ここには大宜都比売神の耳から出てきたとされる「粟」という字をつけて
「五穀豊穣」のご利益を下さる神様として祀られています。
 
次は、「神生み」の中で、伊邪那美神が黄泉の国へと行く原因ともなる
「火之迦具土神」(ひのかぐつちのかみ」 が生まれる一つ前に、
「穀物や植物を掌る女神」として誕生しています。
 
そして、高天原を追放された須佐之男命に食べ物を奉るために
登場しています。
須佐之男命は高天原追放後、初めて出会ったのが大宜都比売神でした。
大宜都比売神は、自分の鼻や口、尻から多くの食べ物を取り出して
多くの食べ物を差し出しましたが、
須佐之男命は、食物を穢して差し出したと怒り、切り殺してしまいます。
 
すると、殺され大宜都比売神の身体から様々なものが誕生します。
頭からは「蚕」、目から「稲種」、
二つの耳からは「粟」、 鼻からは「小豆」、
陰部から「麦」、尻からは「大豆」でした。
これを五穀の始まりとしています。
その後、これらの種子は、
神産巣日神(かむむすひのかみ)によって国中に広められました。
 
 

神名

  • 大宜都比売 ・・・古事記(「国生み」:阿波国)
  • 大気津比売神・・・古事記(須佐之男命を饗する場面)
  • 大宜津比売神・・・古事記(須佐之男に殺される場面)
  • 大気都比売神・・・古事記(大歳神の系譜)
 
 

別名

  • 大気都比売神
  • 保食神(うけもちのかみ)
 
 

神格

  • 農業の神
  • 食物の神
 
 

ご利益(神徳)

  • 五穀豊穣
  • 大漁満足
  • 養蚕守護
 
 

大宜都比売神をお祀りする神社

  • 岩内神社   (北海道岩内郡)
  • 白子神社   (山形県米沢市)
  • 竹駒神社   (宮城県岩沼市)
  • 建穂神社   (静岡県静岡市)
  • 上一宮大粟神社(徳島県名西郡神山町)
  • 一宮神社   (徳島県徳島市)
  • 阿波井神社  (徳島県鳴門市)
  • 金立神社   (佐賀県佐賀市)

f:id:linderabella:20210226164459j:plain