大直毘神(おほなおびのかみ)

伊耶那岐神の穢れによって成った二柱の禍津日神が現れた後に、
その「禍を直さむと為て」成った神です。
 
 

どんな神様?

 
黄泉の国から生還した伊邪那岐命は、
体にまとわりついている穢れを洗い落とすために、
筑紫の日向の橘の小門の阿波岐原で「禊」を行うことにしました。
身に着けていた衣服や持ち物を脱ぎ捨ると、12柱の神々が成りました。
 
そして、海の中ほどまで潜って禊をしたところ成ったのが
「八十禍津日神」と「大禍津日神」でした。
この二柱の神は、
かの穢れた醜い国に行った時の穢れによって成った神です。
そしてその禍を直そうとして、
「神直毘神」、次に「大直毘神」、次に「伊豆能売」の合わせて
三柱の神々が成りました。
 

名前の意味

神名に冠する「大」は美称とされ、
「直」はマガ(曲・禍)に対するナホ(直)で、直すことを意味し、
「毘」は神霊を意味するとされます。
「神直毘神」と「大直毘神」との具体的な違いは明らかではありません。
 

禍・悪を直す神

二柱の直毘神の神格については、
『古事記』に「次に、其の禍を直さむと為て成れる神」とあることから、
禍あるいは悪いことを直す神とする説が一般的です。
 
「直毘神」は穢れを祓う神事を行う際の祭主であり、
「伊豆能売」は巫女であるとも考えられています。
 
「禍津日神」が禍をもたらす神であるため、
それに対する「直毘神」を福や善をもたらす神と解する説や、
人間を裁く裁判の神と解して、
「禍津日神」は警察官や検事に、
「直毘神」は判事や弁護士に当たる働きをすると捉える説もあります。
 
 

主なご利益

  • 厄除け
 
 

祀られている神社

<神直毘神・大直毘神・伊豆能売の三柱の神>

  • 鵜戸神宮・境内社の九柱神社(宮崎県日南市)
 

<神直毘神・大直毘神の二柱の神>

  • 神部神社   (山梨県甲州市)
  • 五泉八幡宮  (新潟県五泉市)
  • 綾戸國中神社 (京都府京都市南区)
  • 伊蘇乃佐只神社(鳥取県八頭郡八頭町)
  • 警固神社   (福岡県福岡市)
  • 櫻井神社   (福岡県糸島市)
  • 西寒多神社  (大分県大分市)
  • 野間神社・神門(愛媛県今治市)
 

<大直毘神のみ>

  • 伊久刀神社      (兵庫県豊岡市)
  • 石上神宮・摂社の七座社(奈良県天理市)
  • 直日神社       (福岡県直方市)
  • 早吸日女神社     (大分県大分市)

f:id:linderabella:20210226164459j:plain