志那都比古神(しなつひこのかみ)

伊邪那岐命・伊邪那美命が「神生み」で生んだ、風の神。
 
 

どんな神様?

 

風を司る神

伊邪那岐命が息を吸い、
辺り一面に立ち込めた霧を吹き払おうとした時、
その息から生まれ出た神が、風の神「志那都比古神」です。
 
「シナ」とは「息が長い」という意味で、
古代人は、風は「神の息」で起こると信じられ、
農業に役立つ風雨の順調を祈る対象でした。
それが暴風を鎮める神となり、
更には暴風で外敵から日本を守るという神格が加わったようです。
 
 

神風

鎌倉時代、元寇の際に、
内宮の末社「風神社」と外宮の末社「風社」で祈祷を行った。
その結果、神風が吹き荒れ、
元の船団は壊滅し退却を余儀なくされました。
奇跡的に勝利を得たのは、
「志那都比古神」(しなつひこのかみ)のお陰だと言われ、
以降、国家鎮護の神様としても祀られるようになります。
 
因みに、元寇の時だけでなく、 江戸時代末期には、
風日祈宮と風宮で「攘夷」の祈願が行われ、
神風は吹かなかったものの、列強の植民地にならずに済んだ。
 
風邪を治す神様としても知られています。
 
 

別名

  • 志那都比古神(しなつひこのかみ) ・・・古事記
  • 級長戸辺命 (しなとべのみこと) ・・・日本書紀
  • 級長津彦命 (しなつひこのみこと)・・・日本書紀
 
 

神格

  • 水戸(港)の神
  • 河口の神
  • 祓いの神
 
 

関連神

  • 父母神:伊邪那岐命、伊邪那美命
 

ご利益

  • 五穀豊穣
  • 運気上昇
  • 漁業・航海守護
  • 長寿
  • 病気平癒
 
 

志那都比古神をお祀りする神社

  • 伊勢神宮・内宮の別宮に風日祈宮(かざひのみのみや)
  • 伊勢神宮・外宮の別宮に風宮
  • 龍田大社(奈良県三郷町)
  • 科長神社(大阪府)

f:id:linderabella:20210226164459j:plain