住吉三神(底筒男命・中筒男命・上筒男命)

伊耶那岐神が黄泉国から戻り、
海に潜って禊をした際に生まれた神様で、
底筒男命・中筒男命・上筒男命の三神合わせて
「住吉三神」と呼ばれています。
 
 

どんな神様?

 
伊邪那岐命は黄泉の国から還ってきて、
筑紫の日向の橘の小門の阿波岐原で禊を行いました。
身に着けていた様々な衣服や小物から多くの神々が生まれ、
中流に潜って身を清めた時に穢れから二神が、
その穢れを直すために三神が生まれました。
 
更に水底で身を清めると「底津綿津見神」と「底筒男命」、
水の中程で身を清めると「中津綿津見神」と「中筒男命」、
水の表面で身を清めると「上津綿津見神」と「上筒男命」が
生まれました。
 
このうち、三柱の筒男命を「住吉三神」と言います。
また同時に生まれた
「底津綿津見神」「中津綿津見神」「上津綿津見神」の三柱を
「綿津見三神」と言います。
 
また、神功皇后が「三韓征伐」に出兵した折に、
この住吉大神の加護が大いなる戦果をもたらし、
その航海の無事が認められたことから、
「海の神」「航海の神」として篤い崇敬を集めるようになりました。
 

航海の安全や大漁を願う海の神

「住吉三神」はいずれも、航海の安全や大漁を守り、
転じて商売繁盛、家運隆盛を約束する海の神として、
古くから篤く信仰されています。
遣遣唐使船は、必ず住吉大社で海上安全を祈願しました。
 

神功皇后

「住吉三神」が『古事記』の中で活躍するのは、
神功皇后による新羅出兵の場面です。
神功皇后に神懸りし、
「西方に金銀財宝の豊かな国があるので、
 それを服属させて与えよう」と神の意思を託宣し、
朝鮮半島への出兵を促したのが、まさしく「住吉三神」でした。
遠征が決まると、
「住吉三神」は海路を守護して神功皇后の一行を無事に現地へ渡し、
その後また無事に帰国させました。
これに感謝した神功皇后は、
摂津国(現在の大阪府)の住吉に社を創建したと言われます。
 

和歌の神

住吉三神は和歌の神としても信仰されています。
『住吉大社神代記』や『伊勢物語』には
和歌による神託があったと記されているそうです。
 
また、住吉の地は老松が浜辺に茂る風光明媚な名所として知られ、
和歌に詠まれることはしばしばあり、
『新古今和歌集』の撰者である藤原定家も
「あいおいの ひさしき色も 常磐にて 君が世守る 住吉の松」という
和歌を残しています。
 
このように住吉三神が託宣神として言霊の性格を持つことから、
人々は和歌上達の神さまとして祈願するようになったとされます。
 

別名

  • 住吉大神
  • 墨江之三前大神
  • 筒男三神
 

神格

  • 海の神
  • 航海の神
  • 和歌の神
 

ご利益

  • 海上安全
  • 漁業守護
  • 貿易守護
 

祀られている神社

  • 住吉大社(大阪府大阪市住吉区)
  • 香椎宮 (福岡県福岡市東区香椎)
  • 全国の住吉系神社

f:id:linderabella:20210226164459j:plain