綿津見三神(底津綿津見神・中津綿津見神・上津綿津見神)

伊耶那岐神が黄泉国から戻り、
海に潜って禊をした際に生まれた神様で、
底津綿津見神・中津綿津見神・上津綿津見神の三神合わせて
「綿津見三神」と呼ばれています。
 
 

どんな神様?

 
伊邪那岐命は黄泉の国から還ってきて、
筑紫の日向の橘の小門の阿波岐原で禊を行いました。
身に着けていた様々な衣服や小物から多くの神々が生まれ、
中流に潜って身を清めた時に穢れから二神が、
その穢れを直すために三神が生まれました。
 
更に水底で身を清めると「底津綿津見神」と「底筒男命」、
水の中程で身を清めると「中津綿津見神」と「中筒男命」、
水の表面で身を清めると「上津綿津見神」と「上筒男命」が
生まれました。
このうち、「底津綿津見神」「中津綿津見神」「上津綿津見神」の三柱を
「綿津見三神」と言います。
また同時に生まれた三柱の筒男命はを「住吉三神」と言います。
 

「大綿津見神」と「綿津見三神」

神社によっては同一神としているところもありますが、
一般的に、この「大綿津見神」と「綿津見三神」とは
別神とされています。
 
「大綿津見神」は、『古事記』では、
「家宅六神」の次に誕生した「海の神」として登場しています。
娘に豊玉毘売命、玉依毘売命がいます。
 

海の神

日本は島国です。
そのため海の神はとても多いです。
先述の「大綿津見神」が海の神としては最初に生まれた神様です。
それから「綿津見三神」と
この三柱と同時に生まれた「住吉三神(筒之男三神)」
(上箇之男命・中箇之男命・底箇之男命)も海の神です。
「誓約」(うけい)により生まれた「宗像三女神」も海の神。
 

別名

  • 綿津見神(わたつみのかみ)  ・・・ 『古事記』
  • 少童命 (わたつみのみこと) ・・・ 『日本書紀』
  • 海神  (わたつみ ・・・『古事記』・『日本書紀』
 

ご利益

豊漁、航海安全、海上守護など
 

祀られている神社

ワタツミの神を祭る神社は西日本の沿岸や島の各所にあり、
ワタツミの神が海人の諸氏族によって
広範囲に渡って信仰されていたことが伺われます。
 
  • 志賀海神社(福岡県福岡市)・・・綿津見神社の総本山
  • 全国の綿津見神社
  • 全国の和多都見神社
  • 全国の少童神社
  • 全国の海神社

f:id:linderabella:20210226164459j:plain