大国主神の国造り

 
 

因幡の白兎(いなばのしろうさぎ)

f:id:linderabella:20201225131424j:plain

 
須佐之男命の子孫である大国主神は、
様々な試練をくぐり抜けていく英雄として知られています。
「因幡の白兎」はその最初のエピソードです。
 
大国主神には、
八十神(やそがみ)と呼ばれるほど多くの兄弟神がいました。
彼らは皆、美しいと評判の八上比売(やがみひめ)を妻にしたいと思い、
連れだって求婚するために出掛けました。
そして、末弟の大国主神に皆の荷物を背負わせ、
従者として連れて行きました。
 
一方、隠岐の島に住む1匹の白兎が、
ある姫神に会いたいと思い、因幡の国へ行きたいと考えていました。
しかし、隠岐の島と因幡の間は海でとても自力では渡れません。
そこで白兎は、鰐(わに)を騙して向こう岸に渡ろうと考え、
「鰐さん、君達の仲間と僕達の仲間と、
 どちらが多いか比べてみようよ」と提案し、
鰐を因幡の国まで並べさせ、その上をピョンピョンと渡っていきました。
 
もう少しで向こう岸に着こうという時、兎は得意げに言いました。
「君達は騙されたのさ、本当は因幡の浜に上がりたかっただけなのさ」
それを聞いた鰐は怒って、白兎の体中の毛をむしり取り、
あっという間に赤裸にしてしまいました。
 
八十神の一行が気多岬(けたのみさき)にやって来ると、
赤裸にされた白兎がその痛みで砂浜で泣いていました。
八十神は
「海の潮を浴び、
 風に当たってよく乾かし、高い山の峰で伏せていよ」と教えます。
白兎が言われた通りにしてみると、
痛みがますますひどくなってしまいました。
 
あまりの痛さに白兎が苦しんで泣き伏せていると、
そこに兄神達の全ての荷物を担がされて大きな袋を背負った大国主神が、
白兎に泣いている理由を尋ね、言いました。
「今すぐ河口に行って真水で体を洗い、
 蒲黄(がまの穂にある花粉)を取って、
 それを敷き、その上に転がれば肌は元通りになるだろう」と
教えて上げました。
 
白兎がその通りにすると、やがて毛が元通りになりました。
たいそう喜んだ白兎は
「八上比売は兄神ではなく、あなたを選ぶでしょう。
 あのような意地悪な神様は、
 八上比売をお嫁にもらうことは出来ません」と言い残し、
自らが伝令の神となって、
兄神達の到着より前にこの事実を八上比売に伝えたのでした。
 
兎の言った通り、八上比売は八十神の申し出を悉く断り、
大国主神に嫁ぐことになりました。
 
八上比売(やがみひめ)と大国主命との縁を見事に取り持った白兎は、
鳥取県にある「白兎神社」の御祭神となっています。
白兎の取り持つ縁は、ある特定の人や叶わぬ人との縁です。
 
 

大国主神の試練

 
八上比売を大国主命に取られてしまった八十神達は腹を立て、
大国主神を待ち伏せて 罠にかけて殺してしまおうと考えました。
 
八十神一行が伯耆国(ほうきのくに)の手間山の麓に着いた時、
こう命じました。
「この山には赤い猪が棲んでいる。
 我らがそれを追い立てるから、お前は待ち伏せて捕えるのだ。」
大国主神は命令通りに待ち伏せていると、
八十神は火で焼いた大石を山上から大国主命目掛けて転がしました。
それを赤い猪だと思って待ち構えていた大国主神は、
石に焼き潰されて死んでしまいました。
 
これを知った母神の「刺国若比売」(さしくにわかひめ)は大変悲しんで、
天上の高天原に上り、「神産巣日神」(かみむすび)に助けを求めました。
「𧏛貝比売」(きさがいひめ)と「蛤貝比売」(うむぎひめ)を遣わされ、
𧏛貝比売は身体を繋ぎ集め、蛤貝比売が赤貝の汁を塗ると、
大国主神は蘇生しました。
 
これを見た八十神達は、大国主神を再び山に連れて行き、
大木を切り倒して楔を打ち、
その割れ目に入らせ、楔を引き抜いて挟み殺しました。
また母神の刺国若比売が泣きながら大国主命を探し出し、
その木を裂いて生き返らせました。
そして八十神の元へ戻せば、また殺されてしまうだろうと思い、
大屋毘古神(おおやびこのかみ)の木の国に送り出しました。
 
大国主神が生き返り、自分達から逃げ出したことを知った八十神は、
大国主神を必死に探しました。
そして、大国主神が大屋毘古神の元に逃げたことを突き止め、
大屋毘古神に向けて弓矢を構え、
大国主神を引き渡すように求めました。
しかし、大屋毘古神はそれに応じず、
大国主神を木の股から逃がし、こう教えました。
「須佐之男命のいる根之堅州國(ねのかたすくに)へ行きなさい。
 その神がきっと良い考えを持っているだろうから。」
こうして大国主命は、
須佐之男命が治めている根之堅州國へと向うことにしました。
 
 

大国主神の根の国訪問

 
根の堅州国(かたすくに)に渡った大国主神は、
そこで須佐之男命の美しい娘神「須勢理毘売命」(すせりびめのみこと)
恋に落ちてしまいます。
須勢理毘売命が御殿に戻り、
早速「とても立派な神が来られました」と報告すると、
須佐之男命は「あれは葦原色許男(あしはらしこお)という神だ。」と言い、
なぜか蛇の室に導きました。
 
須勢理毘売命は密かに蛇除けの布・比礼(ひれ)を授け、
「蛇が襲ってきたら、
 この比礼(ひれ)を三度振って追い払って下さい」と教えます。
大国主神がが須勢理毘売命の言う通りにすると、
蛇は途端に大人しくなり、一度も食いつかれることはありませんでした。
 
次の日の夜は、百足(むかで)と蜂(はち)の部屋に入れられました。
須勢理毘売命がやって来て、
百足と蜂を払う比礼を渡して同じように教えたので
前の日と同様に無事に過ごすことが出来ました。
 
次に須佐之男命は、
「鳴鏑」(なりかぶら)という矢を野原に向けて放ち、
その矢を拾ってくるように命じました。
大国主神は その命令通りに矢を探しに野原に入ると、
須佐之男命はそこに火を放って大国主命を追い詰めました。
途方に暮れている大国主命の前にネズミが現れてこう言いました。
「中は富良富良(ほらほら)、外は須夫須夫(ずぶずぶ)。」
地面の下に空洞があることを知らせます。
これを聞いた大国主命がその場を踏むと、地面はみるみる割れてきて、
その裂け目に落ちて、どうにか炎をやり過ごし、
難を逃れることが出来ました。
更にそのネズミは
須佐之男命が放った「鳴鏑」(なりかぶら)の矢を探し出してきてくれました。
 
その間に炎は野原を焼き尽くしてしまいましたので、
須勢理毘売命は、
大国主神が死んだと思い泣きながら葬儀の準備をしていました。
もちろん須佐之男命も
「これでさすがに死んだだろう」と思っていました。
ところがその時、手に矢を持った大国主命が現れ、矢を奉りました。
 
しかしそれでもまだ、須佐之男命は試練を与えます。
大国主神を広い寝室に招き、頭に巣くう虱(しらみ)を取るように命じます。
須佐之男命の頭には、虱ではなくたくさんの百足が這っていました。
そこにまたまた須勢理毘売命が現れ、
牟久(むく)の木の実と赤土を持って来て、大国主神に渡しました。
大国主神はその牟久の木の実を噛み砕き、
赤土を口に含んで吐き捨てを繰り返します。
これを見た須佐之男命は、
大国主神が頭の百足を口の中で噛み潰していると勘違いし、
感心します。
心を許したのか、
眠気に勝てなかった須佐之男命はそのまま眠ってしまいました。
 
須佐之男命が眠ったことに気付いた大国主命は、
この隙に須佐之男命の長い髪を部屋の大きな柱に結びつけ、
大きな岩で入口を塞ぎ、須勢理毘売命を背負い、
宝物の「生大刀」(いくたち)、「生弓矢」(いくゆみや)
天の詔琴(あめののりごと)を持ち出して部屋から出ようとしました。
 
ところがその時、
「天の詔琴」が木に触れ、大地が揺れるような大きな音がしました。
 
この音を聞いた須佐之男命は慌てて飛び起きましたが、
柱に結びつけられた髪が邪魔で追いかけられません。
そのまま建物を引き倒してしまいました。
須佐之男命が柱に結ばれた髪を解いている間、
大国主神は須佐之男命の御殿より遥か遠くへと逃げ出していました。
 
髪を解き、二人を追いかけて来た須佐之男命は、
地上との境「黄泉平坂」(よみつひらさか)まで来るとそこに留まり、
大国主命に向かってこう叫びました。 
「私から奪ったその生大刀と生弓矢を使って、
 八十神達を坂の裾まで追い伏せ、川の瀬に追い払うがよい。
 そして、お前は大国主命となり、
 「宇都志国玉神」(うつくしくにたまのかみ)となり、
 須勢理毘売命を嫡妻(むかいめ=正妻)にして、
 宇迦能山(うかのやま)の麓に太い柱を立てて、地底の岩盤に届き、
 高天原に届くほど高い宮柱をもった宮殿を建てよ!」 と命じました。
 
大国主神はその言葉通り、八十神(やそかみ)達を退治し、
国造りを始めました。
 
 

大国主神の葦原中国平定

 

大国主神の神裔

出雲の支配者となった大国主神は、
須佐之男命の娘・「須勢理毘売命」(すせりびめのみこと)の他、
「誓約」(うけい)によって生まれた須佐之男命の娘で
「宗像三女神」の長女「多紀理毘売命」(たきりびめのみこと)を始め
多くの后を娶り、
十七世神(とおまりななよのかみ)とも呼ばれる
多くの神々の父となりました。
 
「因幡の白兎」で登場した八上比売(やがみひめ)は、
正妻の須勢理毘売命を恐れ、
大国主神との間に生まれた御子神「木俣神」(このまたのかみ)
木の俣に刺し挟んで、実家に帰って行きました。
 
また、沼河比売(ぬなかわひめ)との間には、
諏訪大社の祭神「建御名方神」(たけみなかた)がいます。
 
大国主神は、現在の北陸一体の高志国(こしのくに)の
沼河比売(ぬなかわひめ)を娶ろうと出掛け、
「八千矛神」(やちほこ)の名を使って歌を詠み交わし、
翌晩二柱は結ばれました。
ここでお二人が交わされた歌が、
古事記で初めて出てくる恋の歌だそうです。
 
これに、妻の須勢理毘売命が大変嫉妬。
困惑した大国主神は出雲国から大和国に逃れる際に
須勢理毘売命に歌を詠むと、
須勢理毘売命は杯を捧げて留める歌を返したそうです。
 
そんなことがあったからでしょうか。
沼河比売(ぬなかわひめ)は結婚後、大国主神と不仲になり
故郷・高志の国に逃げ帰り、
糸魚川平牛山稚児ケ池の畔に身を隠し、
二度と姿を見せなかったということです。
 
 

大国主神の国造り

 

少名毘古那神(すくなびこなのかみ)

ここから、いよいよ国造りに入ります。
大国主神が、出雲の御大岬(みおのみさき)にいた時のことです。
彼方から「天之羅摩船」(あめのかがみぶね)に乗って、
鵝皮(ひむしのかわ)を着た小さな神様が現れました。
名を尋ねても返事をしてきません。
 
誰だろうと思っていると、
そこにヒキガエルの多邇具久(たにぐく)が現れて、
「山田の案山子(かかし)の神・久延毘古(くえびこ)に聞けば分かりますよ」
と答えました。
久延毘古(くえびこ)の元に訪れて、彼の名を尋ねると、
「神産巣日神(かみむすひ)の御子神・少名毘古那神(すくなびこなのかみ)です。」
と答えました。
 
そこで、高天原にいる神産巣日神(かみむすひ)のに尋ねると、
「これは確かに私の子である。
 子の中でも小さ過ぎて、私の指の隙間から落ちてしまったのだが、
 とても優秀な子だから、
 少名毘古那神と共に、国造りをするように」と命じました。
 
こうして、大国主神と少名毘古那神の二柱の神様は
共にこの国の統治を始めました。
 
この二柱について、あまり『古事記』では触れられていないのですが、
『日本書紀』や各地の『風土記』には、その活躍が記録されており、
それによると、全国の国造り、山造り、島造りなどの国土開発事業や
農業技術の指導普及を行いました。
 
またある時、病気になった少名毘古那神がお湯に浸かると、
やがて病状は回復。
この時のお湯が、
現在の道後温泉(愛媛県松山市)の基になったと言われています。
そのため現在でも、両柱は、
医療・医薬、酒造、農業、温泉、占いなどの神様として、
こうした業種に関連する方々(製薬会社やビール会社など)からは
特に篤い崇敬を集めています。
 
ところが国造り半ばにして、
少名毘古那神は突如、自分の役割は終わったとして、
粟の茎に登り、その弾力を使って常世の国に帰って行ってしまいました。
 
 

御諸山(みもろやま)の神・大物主神

大国主神は大変ショックを受け、
この先、一人でどうやって国作りに励めばいいのか、
その方向性を見失ってしまいました。 
 
すると、海の彼方から光を照らしながらやってくる神
(「大物主神」(おおものぬし)が)がありました。
「私は、幸魂奇魂(さきみたまくしみたま)である。
 私を祀れば、私は一緒に国を作り協力しよう。
 もしそうでないのならば、国は成り立たないだろう」
と仰せになりました。
大国主神はどう祀ればよいのかお尋ねになると、
「大和の国の青々とした山々が廻っている中の、
 東の山の上に祭りなさい」とお答えになりました。
早速言われた通り、大物主神を大和の御諸山(みもろやま)
現在の三輪山(奈良県桜井市)に祀りました。
 
このように御諸山の神「大物主神」の協力もあり、
大国主神は葦原中国を完成させ、国をお造りになりました。
葦原中国は大変に賑わい、その様子は高天原にも伝わったのでした。

f:id:linderabella:20210226164459j:plain