三貴子(みはしらのうずのみこ)の誕生

 

禊によって数多くの神々が誕生

 
命からがら黄泉国から生還した伊邪那岐命が地上に戻ると、
まだ夜明け前でした。
黄泉の国の死臭が取れずに気になったので、穢れを落とすために
竺紫(つくし)の日向(ひむか)の橘の小門(をど)の阿波岐原(あはきはら)
[現在の宮崎県宮崎市阿波岐原町]で禊を行いました。
 

脱ぎ捨てたものから生まれた神々

月明かりにキラキラと照らし出された小川を見つけると、
伊邪那岐命は黄泉の衣を脱ぎながら近づいていきました。
すると、不思議なことに服を脱ぎ落とす度に、
新たな神々、十二神が生まれました。
 
  1. 杖     ⇨ 衝立船戸神    (つきたつふなとのかみ)
  2. 帯     ⇨ 道之長乳歯神   (みちのながちはのかみ)
  3. 袋     ⇨ 時量師神     (ときはかしのかみ)
  4. 衣     ⇨ 和豆良比能宇斯能神(わづらひのうしのかみ)
  5. 袴     ⇨ 道俣神      (ちまたのかみ)
  6. 冠     ⇨ 飽咋之宇斯能神  (あきぐひのうしのかみ)
  7. 左手の腕輪 ⇨ 奥疎神      (おきざかるのかみ)
  8.   〃   ⇨ 奥津那芸佐毘古神 (おくつなぎさびこのかみ)
  9.   〃   ⇨ 奥津甲斐弁羅神  (おきつかひべらのかみ)
  10. 右手の腕輪 ⇨ 辺疎神      (へざかるのかみ)
  11.   〃   ⇨ 辺津那芸佐毘古神 (へつなぎさびこのかみ)
  12.   〃   ⇨ 辺津甲斐弁羅神  (へつかひべらのかみ)
 

水に入って体を漱いだ時に生まれた神々

「上流は流れが速い、下流は流れが弱い」と言って、
中流に潜って身を清めた時、二神が生まれました。
この二柱を合わせて「禍津日神」(まがつひのかみ)と言います。
 
(この二神は黄泉の穢れから生まれた神)
 1. 八十禍津日神(やそまがつひのかみ)- 災厄を起こす神
 2. 大禍津日神 (おほまがつひのかみ)- 災厄を起こす神
 
次に、その禍を直そうとすると、三神が生まれました。
 3. 神直毘神(かむなおびのかみ) - 凶事を吉事に直す神
 4. 大直毘神(おほなおびのかみ) - 凶事を吉事に直す神
 5. 伊豆能売(いづのめ)     - 禍を正す神
 
更に、水ので身を清めると二神、水の中程で身を清めると二神、
水の表面で身を清めると二神が生まれました。
  - 綿津見三神 [海の神] - - 住吉三神 [航海の神] -
● 水底ですすぐ ⇨  6. 底津綿津見神
 (そこつわたつみのかみ)
 7. 底筒之男神
 (そこつつのをのかみ)
● 水中ですすぐ ⇨  8. 中津綿津見神
 (なかつわたつみのかみ)
 9. 中筒之男神
 (なかつつのをのかみ)
● 水面ですすぐ ⇨  10. 上津綿津見神
 (うはつわたつみのかみ)
11. 上筒之男神
 (うはつつのをのかみ)
 
 

三貴子の誕生

 
徐々に空が朝焼け色に染り、やがて朝日が差し込むと、
辺りは神秘的な空気に包まれます。
 
そして最後に生まれたのが、
「三貴神」(みはしらのうずのみこ、さんきし)です。
 
  • 左目を洗う ⇨ 天照大御神 (あまてらすおおみかみ)
           [太陽の神、高天原を治める]

  • 右目を洗う ⇨ 月 読 命 (つくよみのみこと)  
           [月の神、 夜の国を治める]

  • 鼻を洗う  ⇨ 須佐之男命 (すさのおのみこと)
           [暴風の神、海原を治める]
 
 伊邪那岐命は「三貴子」の誕生を大変喜んで、
「私は子を生み続けたけれど、遂に三柱の貴き子を得た。」と言い、
それぞれの神に治める国を授けました。
 
一番初めに生まれた「天照大御神」には
まず、首飾りの美しい玉を渡しました。
この玉は魂の宿ったもの。
伊邪那岐命は自らの魂を振り、その分霊を授けたのです。
そして、太陽と昼間、それを司る「高天原」(たかまのはら)を治めるように
命じました。
 
次に生まれた「月読命」には、夜の統治を委ねられました。
最後に生まれた「須佐之男命」には、海原の統治が任されました。
 
因みに、『古事記』では、
伊邪那岐命と伊邪那美命が最初に生んだのは「水蛭子」(ひるこ)でしたが、
『日本書紀』では、
この「三貴神」とともに生まれたとする一説が載っています。
 

f:id:linderabella:20210226164459j:plain