天地の始まり

初め世界は、天と地の境目も分からないような混沌の状態がありました。
そんな混沌の中に、うっすらと天と地の境目が生まれた瞬間、
「高天原」(たかまがはら)という場所に神々が次々と現れました。
 
 

別天神(ことあまつかみ)

  • 造化三神(ぞうかさんしん)

    • 天之御中主神   (あめのみなかぬしのかみ)
    • 高御産巣日神   (たかみむすびのかみ・高木神)
    • 神産巣日神    (かむむすびのかみ)
  • 宇摩志阿斯訶備比古遅神(うましあしかびひこぢのかみ)
  • 天之常立神      (あめのとこたちのかみ)
 
「造化三神」(ぞうかさんしん)は、
天地が開闢した時、最初に姿を現した三柱の総称です。
 
初めに、「天之御中主神」(あめのみなかぬしのかみ)という神が現れ、
続いて、「高御産巣日神」(たかみむすびのかみ)
「神産巣日神」(かむむすびのかみ)が現れました。
 
いずれもいずれも性別のない神、独神(ひとりがみ)であり、
一瞬だけ姿を現し、あっという間に消えていく不思議な神々です。
すぐにその身をお隠しになられました。
 
「造化三神」(ぞうかさんしん)とは、
『古事記』序文の
「乾坤(けんこん)初めて分かれて、三神造化のはじめとなり」
とあることに因む称で、 この場合の「造化」とは「創造」の意味です。
 
 
次に、まだ国土が未熟で、
まるで水に浮かぶ脂(あぶら)か海月(くらげ)のように漂っていた時に、
葦の芽のように萌え出てきたものから現れたのは、
宇摩志阿斯訶備比古遅神(うましあしかびひこぢのかみ)でした。
続いて、天之常立神(あめのとこたちのかみ)が現れました。
 
 「造化三神」とこの二柱の神々を合わせて
「別天神」(ことあまつかみ)、つまり「特別に貴い神々」呼びます。
 
 

神代七代(かみよななだい)

  1. 国之常立神 (くにのとこたち)
  2. 豊雲野神  (とよくもの)
  3. 宇比地邇神 (うちぢに) / 須比智邇神  (すひぢに)
  4. 角杙神   (つのぐひ) / 活杙神    (いくぐひ)
  5. 意富斗能地神(おほとのぢ)/ 大斗乃弁神  (おほとのべ)
  6. 於母陀流神 (おもだる) / 阿夜訶志古泥神(あやかしこね)
  7. 伊邪那岐神 (いざなぎ) / 伊邪那美神  (いざなみ)
 
「別天神」(ことあまつかみ)に続いて、
国之常立神(くにのとこたちのかみ)と豊雲野神(とよくものかみ)の二柱が
同じように単独の神として現れ、直ぐに身をお隠しになられました。
  
この後、
宇比地邇神(うちぢにのかみ)、須比智邇神(すひぢにのかみ)
角杙神(つのぐひのかみ)、活杙神(いくぐひのかみ)
意富斗能地神(おほとのぢのかみ)、大斗乃弁神(おほとのべのかみ)
於母陀流神(おもだるのかみ)、阿夜訶志古泥神(あやかしこねのかみ)
次々に現れ、
ようやく日本国、日本人の父母となる
伊邪那岐神(いざなぎのかみ)と伊邪那美神(いざなみのかみ)
兄妹神が立ち現れました。
 
国之常立神(くにのとこたちのかみ)と豊雲野神(とよくものかみ)
二柱は各一代とします。
これ以降の10柱は対となっていて、対で一代となり全部で五代。
計7代なので、「神代七代」と呼びます。
 
 

高天原・葦原中国・黄泉国

「高天原」(たかまがはら)とは、神々が住まわれた天上界で、
住んでいる神々は「天津神」(あまつかみ)と呼ばれました。
後に、天照大御神(あまてらすおおみかみ)が治められました。
そして、高天原から神勅を受けて、
天孫・邇邇芸命(ににぎのみこと)が神々を従えて、降臨されました。
 
一方、我々人間の住む世界のことは
「葦原中国」(あしはらなかつくに)と呼びます。
天津神(あまつかみ)が葦(あし) の群生する地上の世界を指して
こう名付けたことに由来します。
 「中国」(なかつくに)は、
天上の「高天原」(たかまがはら)と地下の「黄泉国」の
中間に位置しているために付けられたの名称です。
「葦原中国」に住む神々のことを「国津神」(くにつかみ)と呼び、
その「国津神」(くにつかみ)である
須佐之男命(すさのおのみこと)の子孫・大国主神(おおくにぬしのかみ)が、
少名毘古那神(すくなひこなのかみ)や大物主神と協力して、
葦原中国の国作りを完成させ、後に、天孫・邇邇芸命に国譲りをしました。
 
「黄泉国」とは死者の世界のことで、
死後の伊邪那美神(いざなみのかみ)
後半生の須佐之男命(すさのおのみこと)がこの世界の神と言われています。
 

f:id:linderabella:20210226164459j:plain