日向三代(ひむかさんだい)3. 鵜葺草葺不合命

 

鵜葺草葺不合命の誕生

山幸彦(火遠理命)が兄の海幸彦に勝利し、
この世界を統治するようになって間もない頃、
妻の豊玉毘売がやって来ました。
 
「火遠理命の御子を身籠り、臨月を迎えました。
 しかし、天津神の御子を海原で産む訳にはいきませんので、
 出向いてまいりました。」
豊玉毘売はそう言うと、俄かに産気づきます。
 
慌てた火遠理命は海辺にあった鵜の羽を葺草(かや)の代わりにして、
急ごしらえの産屋を作りましたが、
まだそれが葺き終わらないうちに、陣痛が始まりました。
耐えられなくなった毘売は産屋に入ると、
「異郷の者は、子を産む時には本来の姿に戻ります。
 お願いですから、私を見ないで下さい。」と申し上げました。
 
ところが好奇心に勝てなかった火遠理命は、産屋を覗き見てしまいます。
するとそこには、
八尋(やひろ)もある巨大な鰐に変身して這い回る豊玉毘売の姿が
ありました。
火遠理命がこれを見て逃げ出すと、毘売は恥ずかしく思い、
「これからは海の道を通って、
 多くの臣民と共に行き来しようと思っていましたが、
 私の姿を覗き見られてしまったので、それはもう叶いません。」
そう言って、生まれた御子を置いて海に帰り、
海と陸の境を堰き止めてしまいました。
 
この時に生まれた御子の名は、
天津日高日子波限建鵜葺草葺不合命
あまつひたかひこなぎさたけうかやふきあへずのみこと)
「鵜の羽で産屋を葺く間もなくお生まれになった高貴なる天孫」
という意味です。
 
 

鵜葺草葺不合命と玉依毘売

豊玉毘売は海に帰ったものの、
その後も火遠理命を恋しく思う心に耐えられず、
その御子を養育させるという理由で、
妹の玉依毘売(たまよりびめ)を遣わしました。
  
鵜葺草葺不合命は玉依毘売(たまよりびめ)と結婚して
四人の御子(五瀬命・稲氷命・御毛沼命・若御毛沼命)をもうけました。
 
この末子の若御毛沼命(豊御毛沼命)こそが、
後に初代・神武天皇となる
「神倭伊波礼毘古命」(かむやまといはれびこのみこと)です。
 
また、御毛沼命(みけぬのみこと)は常世の国に渡り住み、
稲氷命(いなひのみこと)
母の国である海原に移り住んだと言われています。

f:id:linderabella:20210226164459j:plain