成人の日

 
一生に一度の晴れの日、
「成人式」は人生で重要な節目です。
そんな大切な日である「成人式」を
今のようにお祝いするようになったのは
いつ頃からなのでしょうか。
 
 

現在の「成人式」の由来

 
現在のような「成人式」(せいじんしき)
行われるようになったのは、
戦後間もない、昭和21(1946)年11月22日に、
埼玉県の現在の蕨市で開催された
「青年祭」だと言われています。
 

1月15日

これが全国に広まり、昭和24(1949)年に
「おとなになったことを自覚し、
 みずから生き抜こうとする青年を祝い励ます」
という趣旨で、
1月15日を「成人の日」と制定しました。
 
「成人の日」を1月15日に定めたのは、
「元服の儀」を新年最初の満月に行う風習があり、
それに由来しているためです。
 

1月の第2月曜日

 その後、「成人の日」は
平成12(2000)年の「祝日法」改正
(通称:ハッピーマンデー法)により
1月15日から「1月の第2月曜日」に変更されました。
 
但し地域によっては、成人式への出席率を上げるために
「成人の日」に成人式を行わない市区町村もあります。
「成人の日」の前日の日曜日の行うところが多いようです。
他県の大学へ通う人が参加しやすく、
気候的に着物で出席しやすい
3月に「成人式」を行う市区町村もあります。
 
降雪地帯では天候の悪い1月を避けて、
夏休みに地元を離れた人が出席しやすいようにと、
真夏に成人式をする地域もあります。
秋田県は8割超の市町村が8月に「成人式」を行っています。
 
 
ところで「第2月曜日」では、
1月15日が「成人式」になることはありません。
元々1月15日の行事なのに、
どうして「第3月曜日」にならなかったのでしょうか?
それは平成7(1995)年1月17日に起きた
「阪神・淡路大震災」が関係しています。
 
「阪神・淡路大震災」では、
政府や行政の対応の遅れが批判された一方で、
ボランティア活動が活発化し、
「日本のボランティア元年」と言われました。
これをきっかけに、ボランティア活動への認識を深め、
災害への備えの充実強化を図る目的で、
1月17日を「防災とボランティアの日」とすることが制定されました。
 
もし1月1日が土曜日の場合、「第3月曜日」は1月17日となり、
「成人の日」と「防災とボランティアの日」が重なってしまいます。
それを避けるため、第2月曜日に設定したと言われています。
 
 

令和5(2023)年の「成人式」

 
令和5(2023)年の「成人の日」は、
1月9日の月曜日です。
 
改正民法施行によって、
令和4(2022)年の4月以降は、
成人年齢は20歳から18歳へと引き下げられます。
令和4(2022)年は4月前ですから
従来通りの「成人式」が行われますが、
翌年の令和5(2023)年には 、
20歳、19歳、18歳の方々が
まとめて成人を迎えることになります。
 
ただ、18歳で「成人式」を迎えた場合は、
高校3年生の1月、
つまり受験シーズンの真っ只中のたいへんな時期と重なるため、
全国ほとんどの自治体が、
令和5(2023)年以降も、
今まで通り20歳で「成人式」を開催する予定のようです。
 
 
 

通過儀礼としての成人式

 
日本では昔から大人の仲間入りをする通過儀礼が行われていました。
男子は「元服」(げんぷく)や「褌祝」(へこいわい)
女子は「裳着」(もぎ)や「結髪」です。
 
 

男子の成人式「元服」

「元服」(げんぷく)は、
奈良時代から行われてきた男子の成人儀礼です。
「元」は「はじめ」、「服」は「着物」の意味があり、
「元服」とは「子供が成長して初めて着物を着る」という
意味があります。
 
宮廷や貴族の社会では、
数え年12~16歳の男子が氏神の前で大人の服装に改め、
子供の髪型を大人の髪型に結い直して冠をつけることから、
「初冠」(ういこうぶり)とも呼ばれます。
 
平安時代には、元服の際、
父親や烏帽子親と呼ばれる立ち会いの仮親に
烏帽子を被せてもらい、
童名(どうみょう)に代わり
彼らの名前から1字をとって改名しました。
 
江戸時代になると、貴族や武士に倣って庶民の間でも、
18、19歳で元服を行うようになりました。
「元服式」で男性は
髪を額から頭の中央にかけて剃り上げる
「月代」(さかやき)をしました。
 

公家の女子が行った成人式「裳着」(もぎ)

これと同様に、貴族の女子が行ったのが「裳着」(もぎ)です。
「裳着」は、平安時代から行われた女子の成人の儀式で、
12歳~16歳の女子に初めて「裳」を着せ、
垂らしていた前髪を結い上げる「髪上」(くしあげ)が行われ、
お歯黒をし、眉墨を書くなどするようになりました。
 
鎌倉時代以降は、「袖留」(そでとめ)といって
女児の服から小袖を塞ぐ大人の着物を着るようになりました。
 
江戸時代には、女性が成人に伴って行う儀式を「成女式」と呼び、
改名もしました。

f:id:linderabella:20210206070244j:plain