十三参り(じゅうさんまいり)

 

「十三参り」とは、
数え年で13歳になる男女が旧暦3月13日に、
「虚空蔵菩薩」(こくうぞうぼさつ)を参拝する人生儀礼です。
発祥の地とされる京都を中心とした関西圏では
「七五三」と並んで大切にされている行事で、
近年では他の地域にも広がりつつあります。
 
 
平安時代の初め、
幼くして帝位についた清和天皇が数え年十三歳になった折、
成人の証として法輪寺で勅願法要を催したのを端緒として、
成人儀礼として法輪寺の虚空蔵菩薩に詣でて智恵を授けていただく
「十三参り」が行われるようになりました。
 
 
本来の参拝時期は
旧暦の3月13日前後とされていましたが、
現在は特定の日付はありません。
数え年で13歳は、干支がひと回りして、
初めて「年男・年女」になる年であり、
初めての「厄年」でもあります。
 
肉体的にも精神的にも大人に変化する時期であり、
大人として生きていく知恵が必要となります。
特に女子は、
女性へと変化し始める中で、
心身ともに不安定になりがちなため、
昔から厄除けの時期とされてきました。
 
数えで13歳(満12歳)は
小学校卒業のタイミングなので
卒業から中学校入学までの間に、
学校での健康や勉学の成就を願って参拝に行くのがおススメです。
 
 
「虚空蔵菩薩」は、
大日如来の脇侍で、知恵や福、運を授けると言われます。
虚空蔵とは、功徳が虚空(大空)のように大きいことを意味します。
 
 
 
また、虚空蔵菩薩に限らず、
日頃から縁のあるお寺や神社にお参りするのもいいでしょう。
その際、子供が祈願する事柄を
「知」や「美」など一文字の漢字に託して自筆したものをお供えします。
 
「十三参り」の正式な服装は、
男の子は「羽織袴」、女の子は「振袖」。
女の子はこの時初めて大人と同じ裁ち方である「本裁ち」の晴れ着を用い、
肩の部分を縫ってサイズを合わせる「肩上げ」をして着用します。
参詣後、肩上げの糸を解くところまでが儀式とされています。
今は、スーツやワンピース、制服で「十三参り」をする人も多くいます。
洋装の場合は、大人らしい落ち着きのある服装がよいでしょう。
 
「十三参り」では、
好きな漢字一文字を半紙に毛筆で書いて奉納し、
ご祈祷をしてもらいます。
 
帰り道に途中で振り返ると、
授かった知恵を落としてしまうとされているので、
寺社を出るまでは振り返らないようにする習わしがあります。
 
古くから伝わるとされていますが、
約200年前の江戸時代に「十三参り」の名前が知られるようになり、
以後、近畿地方を中心に各地に広まりました。
 
なお、13日は虚空蔵菩薩の縁日に当たり、
13歳でお参りするのも13という数字に因んだものと言う説も伝わっています。
昔は境内に13種の菓子が売られ、
それを菩薩に供えた後、家に持ち帰り子供に食べさせたとも言われます。
 
参詣後、渡月橋を渡り切るまでに後ろを振り返ると、
授かった知恵を失うという言い伝えが今も語り継がれています。
これは、これから大人として生きていくためには
必要な「決まりごとは守らねばならない」という自覚を芽生えさせる
意味があります。
同様に、京都以外の地域でも、
十三参りの帰り道に後ろを振り返ると、授かった知恵を失うと言われます。
 
 

f:id:linderabella:20210206070244j:plain