和豆良比能宇斯能神(わづらひのうしのかみ)

伊耶那岐神が黄泉国から帰還して禊をする際に、
身に着けた物を脱いで、投げ捨てた衣(きぬ=上着のこと)に成った神様です。
『古事記』には「和豆良比能宇斯能神」、
『日本書紀」には「煩神」(わづらいのかみ)と記されています。
 
『日本書紀』は「煩神」と記されていますが、
「和豆良比」(わづらひ)は、文字通り「煩ひ」と解され、
「わずらいの主の神」の意で、
上着を脱いで開放されたことを象徴しており、
苦しみや病気を司る神と考えられます。
 

f:id:linderabella:20210226164459j:plain