古事記

古事記

『古事記』は、日本に現存する最古の書物(作品)です。 序文と上・中・下の3巻から成り、 世界の始まりから神様の出現、皇位の継承まで、 日本の成り立ちがドラマチックに描かれています。 概要 編纂の経緯 『古事記』と『日本書紀』 概要 『古事記』は、序…

天地の始まり

初め世界は、天と地の境目も分からないような混沌の状態がありました。 そんな混沌の中に、うっすらと天と地の境目が生まれた瞬間、 「高天原」(たかまがはら)という場所に神々が次々と現れました。 別天神(ことあまつかみ) 造化三神(ぞうかさんしん) …

国生み

「伊邪那岐神」(いざなぎのみこと)と 「伊邪那美神」(いざなみのみこと)の二柱の神が 高天原の神々に命じられて、日本列島を構成する島々を創成した話です。 「於能凝呂島」(おのごろしま) 二神の結婚 国生み 大八島国 六島 「於能凝呂島」(おのごろ…

神生み

日本の国土が出来ると、 伊邪那岐命(いざなぎのみこと)と伊邪那美命(いざなみのみこと)は いよいよ「神生み」が始まりました。 いわゆる八百万の神々が誕生するのです。 家宅六神 自然に関する神様 生産に関わる神様 産業においてなくてはならない神々 …

黄泉の国(よみのくに)

伊邪那岐命の黄泉の国探訪 地上に逃げ帰る伊邪那岐命 伊邪那岐命の黄泉の国探訪 伊邪那岐命と伊邪那美命は多くの神様を生みました。 ところが最後に火の神様を生むと、 伊邪那美命は大火傷を負って亡くなってしまいました。 突然、最愛の妻・伊邪那美命を失…

三貴子(みはしらのうずのみこ)の誕生

禊によって数多くの神々が誕生 脱ぎ捨てたものから生まれた神々 水に入って体を漱いだ時に生まれた神々 三貴子の誕生 禊によって数多くの神々が誕生 命からがら黄泉国から生還した伊邪那岐命が地上に戻ると、 まだ夜明け前でした。 黄泉の国の死臭が取れずに…

誓約(うけい)

父神に追放される須佐之男命 天照大御神と須佐之男命の誓約 宗像三女神 五柱の男神 父神に追放される須佐之男命 伊邪那岐神は、最後に生んだ貴い三柱の神「三貴子」、 天照大御神、月読命、須佐之男命に 統治する場所をそれぞれ言い渡します。 天照大御神に…

天岩戸(あめのいわと、あまのいわと)

須佐之男命の乱行 天岩戸の神隠れ 天岩戸での神々の役割 再び太陽神が姿を現す 須佐之男命の神逐(かんやらい) 須佐之男命の乱行 「誓約」(うけい)によって身の潔白が証明されたのですが、 須佐之男命はこの後豹変し、乱暴狼藉の数々を繰り広げます。 田…

八岐大蛇(やまたのおろち)伝説

高天原を追放された須佐之男命(すさのおのみこと)は 出雲の国に降り立ちました。 八岐大蛇伝説 櫛名田比売との出会い 八岐大蛇伝説 須佐之男命の神裔 日本初の和歌 須佐之男命の神裔 八岐大蛇伝説 櫛名田比売との出会い 高天原を追放された須佐之男命(す…

大国主神の国造り

因幡の白兎(いなばのしろうさぎ) 大国主神の試練 大国主神の根の国訪問 大国主神の葦原中国平定 大国主神の神裔 大国主神の国造り 少名毘古那神(すくなびこなのかみ) 御諸山(みもろやま)の神・大物主神 因幡の白兎(いなばのしろうさぎ) 須佐之男命の…

国譲り

天忍穂耳命の天降り 天之菩卑能命の派遣 天之菩卑能命の御子神・大背飯三熊之大人の派遣 天若日子の派遣 雉の鳴女 天若日子の死 建御雷神と事代主神、建御名方神 建御雷之男神の派遣 事代主神 建御名方神 大国主神の国譲り 天忍穂耳命の天降り 大国主神が国…

天孫降臨(てんそんこうりん)

高天原の天津神(あまつかみ)と葦原中国の国津神(くにつかみ)との間には、 様々な攻防もありましたが、 ようやく高天原の神々が統治する基盤が整いました。 邇邇芸命の誕生 天孫降臨に従った神々 猿田毘古神 天孫降臨 猿田毘古神と天宇受賣命 邇邇芸命の…

日向三代(ひむかさんだい)1. 邇邇芸命

木花之佐久夜毘売と石長比売 木花之佐久夜毘売の出産 木花之佐久夜毘売と石長比売 邇邇芸命は猿田彦神を先導に、 幾重にも重なった雲を押し分け押し分け、 日向の高千穂の久士布流多気(くしふるたけ)の地に天降られました。 そしてそこに立派な宮殿をお建…

日向三代(ひむかさんだい)2. 火遠理命

海幸彦と山幸彦 海神宮訪問 海幸彦(火照命)の服従 海幸彦と山幸彦 邇邇芸命は、大山津見神(おおやまつみのかみ)の娘の 木花佐久夜毘売(このはなさくやびめ)と結婚して、 三人の御子を設けました。 長子は火照命 (ほでりのみこと)[海幸彦]といい、 …

日向三代(ひむかさんだい)3. 鵜葺草葺不合命

鵜葺草葺不合命の誕生 鵜葺草葺不合命と玉依毘売 鵜葺草葺不合命の誕生 山幸彦(火遠理命)が兄の海幸彦に勝利し、 この世界を統治するようになって間もない頃、 妻の豊玉毘売がやって来ました。 「火遠理命の御子を身籠り、臨月を迎えました。 しかし、天津…

神武東征

神倭伊波礼毘古命 高千穂を出発 五瀬命の死 熊野より大和へ 布都御魂の太刀 八咫烏 宇陀の兄宇迦斯(うえかし)と弟宇迦斯(おとうかし) 久米歌 兄師木と弟師木 大和を統治する別の勢力 皇后選定 白檮原宮(かしはらのみや) 神倭伊波礼毘古命 火遠理命と豊…