神武東征

 

神倭伊波礼毘古命

火遠理命と豊玉毘売の間に生まれた
天津日高日子波限建鵜葺草葺不合命は
玉依毘売(たまよりびめ)と結婚して
四人の御子(五瀬命・稲氷命・御毛沼命・若御毛沼命)を
もうけました。
このうち
長子の五瀬命(いつせのみこと)
末子の若御毛沼命(わかみけぬのみこと:後の神武天皇
ともに日向(ひむか)の高千穂宮(たかちほのみや)で育ちました。
 
 

高千穂を出発

ある日、国の統治に適した場所を探していた
若御毛沼命(わかみけぬのみこと)
塩土老翁(しおつちのおじ;塩椎神)がこう言います。
「東の方角に四方を山に囲まれた美しい土地があり、
 既に天磐船(あめのいわふね)に乗り、天から舞降りた者がいます。」
大和国の状況を聞いた若御毛沼命(わかみけぬのみこと)は、
兄の五瀬命と相談して東征を決意。
日向をお発ちになり、筑紫へと向かいました。
 
豊国の宇沙(大分県宇佐市)では、そこの土地に住む
宇沙都比古(うさつひこ)、宇沙都比売(うさつひめ)という兄妹が、
足一騰宮(あしひとつあがりのみや)を作って
服属の意を込めて大御饗(おおみあえ)を献上して、
若御毛沼命と五瀬命をもてなしました。
 
次に、筑紫の「岡田宮」に1年お留まりになりました。
更にその後、阿岐国の「多祁理宮」(たけりのみや)に7年、
そこから更に東に行き、
「吉備の高島宮」(きびのたかしまのみや)に8年をお過ごしになりました。
 
その地を発ち、海上を東に進み、「速吸門」(はやすいのと)では、
亀の背に乗り釣をしながら羽ばたくように国津神やって来ました。
海の道に詳しいことから水先案内人として仕えることとなり、
一行の船に乗ると浪速国までの道案内をしました。
そうして、河内の「白肩津」(しらかたのつ)に船を泊めました。
 
ここで、現地を支配していた登美(とみ)の那珂須泥毘古(ながすねびこ)が
軍勢を率いて、待ち構えていたため、
船に備えてあった楯を手に取って船を降りて戦いました。
それで、この地を「楯津」と言いいます。
この戦いの中、兄の五瀬命(いつせのみこと)は、
登美毘古の放った矢が腕に突き刺さり、深手を負ってしまいました。
 
「私は日の神の御子であるのに、日に向かって戦ってしまったせいで、
 賤しい奴に痛手を負わされてしまったのだ。
 これからは、日を背にして敵を討とう」
 
 

五瀬命の死

日を背にするよう南方に軍を回り込ませ進みになり、
そこで五瀬命は、海に着き傷つき血の付いた腕を洗いになりました。
その地は「血沼海」(ちぬのうみ)と呼ばれるようになりました。
更に紀伊半島を南下し、
紀国(きのくに)の男之水門(おのみなと)に至った所で、
五瀬命は、
「賤しき奴に手傷を負わされて、私が死ぬことになるとは・・・」
と雄叫びを上げ、そのまま死んでしまいました。
 
 

熊野より大和へ

布都御魂の太刀

熊野では大熊の毒気に当たって、全軍が壊滅寸前の状態に陥ります。
するとこの時、熊野の「高倉下」(たかくらじ)という者が、
高天原から降ろされた一ふりの太刀「布都御魂」(ふつのみたま)を持って参上、
その太刀をお受け取りになると、
太刀の持つ不思議な力、起死回生の力によって若御毛沼命は蘇り、
何もしていないのに熊野の山の荒ぶる神々は自ら切り倒されてしまって、
臥していた兵士達も皆、目を覚ましました。
 

八咫烏

布都御魂(ふつのみたま)の太刀により、
若御毛沼命はその場を切り抜けることが出来ました。
すると、その時に高木神(高御産巣日神)の声が聞こえてきました。
「天つ神御子よ、すぐに奥に攻め入ってはなりません。
 荒ぶる国津神が大勢います。そこで、八咫烏を遣わします。
 八咫烏が導きますので、その後を進みなさい」
 
そこで、若御毛沼命はその教えに従い、
八咫烏の後について、熊野の士豪達を従わせながら、
蹈み穿ち越え(ふみうかちこえ)、宇陀(うだ)の地にお進みになりました。 
 

宇陀の兄宇迦斯(うえかし)と弟宇迦斯(おとうかし)

宇陀の地には、「兄宇迦斯」(うえかし)と「弟宇迦斯」(おとうかし)という
勇猛な兄弟が住んでいました。
若御毛沼命は、八咫烏を遣わせて二人の兄弟に
「今、天津神御子(若御毛沼命)がにお仕えするか」と尋ねました。
兄は、八咫烏を矢(鳴鏑・なりかぶら)で追い返し、
更に軍勢を集め始めるのですが、上手くいきません。
そこで、罠を仕掛けた大きな御殿を作り、
「お仕えします」と嘘をついて、若御毛沼命一行をおびき寄せようと考えます。
弟は、神倭伊波礼毘古命の元に行き、そんな兄の計略をすっかりお伝えしました。
若御毛沼命に仕えていた
道臣命(みちのおみのみこと)と大久米命(おおくめのみこと)は、
兄を御殿へ追いやり、
そこで兄は自分の仕掛けた罠に押し潰されて死んでしまいました。
その死骸は引きずり出され、バラバラに刻まれたと言います。
そこでこの地を、「宇多の血原」(うだのちはら)と言うのです。
一方、弟は、服従の意として「大饗」(おおあえ)を献上し、宴を開きました。
 

久米歌

戦いに勝った若御毛沼命の一行は、
その地より更に進んで、忍坂(おしさか)に着きました。
そこには、岩をくり抜いて作った大きな室があり、
尾の生えた土雲(つちぐも)の八十建(やそたける)が、
岩穴で待ち構えて唸り声を上げていました。
 
若御毛沼命は、多くの善夫(かわしで:料理人)を付けて
八十建達の所にご馳走を届けさせました。
実は送った善夫には、一人一人に太刀を忍ばせて、
合図の歌が聞こえたら、一斉に切りかかるように命じてありました。
これらの歌は、天皇への忠誠を誓う歌として久米家に伝えられ、
「久米歌」とも呼ばれています。
 

兄師木と弟師木

八十建を撃った後は、兄師木(えしき)と弟師木(おとしき)兄弟を
ご征伐になりました。
 
  

大和を統治する別の勢力

この時、最後まで抵抗したのが、
同じ天孫軍を名乗る「長須泥毘古」(ながすねびこ;長髄彦)でした。
長須泥毘古は、妹(登美夜毘)を天津神(あまつかみ)の御子
「邇芸速日命」(にぎはやひのみこと)の妻としていた地元の豪族です。
 
その邇芸速日命(にぎはやひのみこと)の父は
天火明命(あめのほあかりのみこと)です。
天火明命は
天照大御神の御子・天之忍穂耳命(あめのおしほみみのみこと)を父に、
高御産巣日神(たかみむすひのかみ)の娘・
万幡豊秋津師比売命(よろずはたとよあきつしひめのみこと)を母に持つ、
邇邇芸命(ににぎのみこと)にとっては、兄という存在です。
ですから、若御毛沼命にとっては大伯父に当たります。
 
邇芸速日命(にぎはやひのみこと)も天照大御神の詔により、
人間界へ降臨した神です。
死者をも蘇らせることが出来るパワーを持つ「十種の神宝」を携えて、
「天磐船」(あまのいわふね)に乗り込み、「大虚空」(おおぞら)を駆け巡り、
日本の国土を見つけて、河内国の河上の哮ヶ峯に降臨したと言います。 
「大空からみて、よい国だと見定めた日本の国」ということから、
「虚空見つ大和の国」という言葉が生まれました。
邇芸速日命(にぎはやひのみこと)はその後、大和国(奈良)鳥見白庭山に遷り、
地元の豪族、長須泥毘古(ながすねびこ;長髄彦)の妹を妻とし、
大和を統治していました。
 
さて、若御毛沼命が、兄師木・弟師木を討ち果たした時、
そこへ邇芸速日命(にぎはやひのみこと)が現れ、
「天津神の御子が天降りされると聞いたので、追って降りてきました」
と申し上げ、
天津神の子孫の証の印の「天津瑞」(あまつしるし)を献上して、
穏便に統治権を委譲したのですが、
邇芸速日命の義兄である長須泥毘古は抵抗し続けました。
結局、邇芸速日命(にぎはやひのみこと)
御子の宇麻志麻治命(うましまぢのみこと)とともに 長須泥毘古を討ち取りました。
こうして苦戦しながらも大和地方の制圧に成功しました。
  
 

皇后選定

若御毛沼命は、九州の日向(ひむか)の地にいらした時に、
阿比良比売(あひらひめ)を娶って、二人の御子、
多芸志美美命(たぎしみみのみこと)と岐須美美命(きすみみのみこと)がおりました。
 
しかし、即位し大后とすべき美人を探していた時のこと。
部下の大久米命(おおくめのみこと)が、
「この辺りに、神の御子といわれる媛女(おとめ)がいます」
と申し上げました。
「三輪山の大物主神が三島湟咋(みしまのみぞくい)の娘である
 勢夜陀多良比売(せやだたらひめ)という美人を一目見て、
 そのあまりの美しさに、すっかり気に入ってしまったそうです。
 大物主神はこの美人と結婚し、
 伊須気余理比売(いすけよりひめ)という娘を生みました。
 そのような事があり、伊須気余理比売は”神の子”と呼ばれているのです」
 
やがて天皇の一行は、
他の七人の娘達と遊んでいる伊須気余理比売を見つけます。
伊須気余理比売は「お仕えいたしましょう」と答えました。
 
比売多多良伊須気余理比売(ひめたたらいすけよりひめ)
日子八井命(ひこやい)、神八井耳命(かむやいみみ)
神沼河耳命(かむぬなかわみみ、後の綏靖天皇)の三柱の子を生みました。
 
 

白檮原宮(かしはらのみや)

大和国の平定が終わったので、畝傍山のほとりに全軍を招集し、
奠都の詔「八紘一宇」を高らかに宣言。
こうして、若御毛沼命は神倭伊波礼毘古命(かむやまといわれびこのみこと)となり、
大物主神の子である伊須気余理比売を正后とし、
畝傍山の東南橿原の地に宮殿「白檮原宮」で即位され、
初代の天皇となられます。
後に「神武天皇」と呼ばれるようになります。

f:id:linderabella:20210226164459j:plain