金山毘古神(かなやまひこのかみ)・金山毘売神(かなやまびめのかみ)

火の神を生んだことによって火傷をした伊邪那美命は病に臥し、
苦しみながらも生んだ、金属・鉱物・鉱山の神様です。
 
 
 

どんな神様?

 

伊邪那美命の嘔吐物から生まれた男女の神様

『古事記』によると、
伊邪那美命は火の神・火之加具土神(ひのかぐつちのかみ)を生んだことにより
大火傷を負います。
しかし、 床に伏せながらも神々を生み続けました。
嘔吐した際に出した吐瀉物から生まれたのが、
「金山毘古神」(かなやまひこのかみ)と「金山毘売神」(かなやまびめのかみ)です。
『日本書紀』では、
金山姫神の名前はなく、金山彦神だけが生まれたとされています。
 

鉱山の神

金山毘古神・金山毘売神を祀る神社は全国に点在しています。
鉱石を火で溶かした様が吐瀉物に似ていることから連想して、
「鉱山の神」となったようです。
 

徐々に増えていった金属に関係するご利益

元々は「鉱山の神」でしたが、
徐々に加工過程もご利益に加わっていきました。
「鍛冶・鉄鋼」の神として、
尾張鍛冶発祥の地に金山神社(名古屋市熱田区)があったり、
多くの鍛冶師達により崇拝されている神様でもあります。
鍛冶技法に因んだ伝統行事「ふいご祭り」が行われる神社もあります。
また、「包丁の神」、「金具の神」としても親しまれています。
 

安産・子孫繁栄の神

更に、伊邪那美命が火之加具土神を生んで女陰を大火傷をした話から派生して、
安産・子孫繁栄・夫婦和合・下半身の傷病治癒の神としても、
一部の信仰を集めているようです。
 
 

別名

  • 金山毘古神・金山毘売神
 

神格

  • 金属・鉱物・鉱山の神
  • 鍛冶・鋳物の神
  • 包丁の神
  • 金具の神
 

ご利益(神徳)

  • 金銀銅山
  • 石炭山の守護
  • 金属加工業の守護
  • 金運
  • 商売繁盛
  • 開運招福
  • 災難避け
  • 厄除け
  • 夫婦和合
  • 子孫繁栄
  • 安産
 
 

金山毘古神・金山毘売神をお祀りする神社

  • 黄金山神社(宮城県石巻市)
  • 川口神社 (埼玉県川口市)
  • 敢國神社 (三重県伊賀市)
  • 南宮大社 (岐阜県垂井町)
  • 金峯神社 (奈良県吉野町)
  • 御金神社 (京都府京都市中京区)
  • 金屋子神社(鳥取県安来市)

f:id:linderabella:20210226164459j:plain