和久産巣日神(わくむすびのかみ)

火の神を生んだことによって火傷をした伊邪那美命は病に臥し、
苦しみながらも生んだ、「神生み」の最後に生まれた神です。
後に豊受大神を生んだ、自然を育てる若々しい生成の力を神格化した存在です。
 
 

どんな神様?

 

水の神

『古事記』によると、
伊邪那美命は火の神・火之加具土神(ひのかぐつちのかみ)を生んだことにより
大火傷を負います。
しかし、 床に伏せながらも神々を生み続けました。
嘔吐、糞を出したのに続けて、
最後に尿をしますが、その尿からも二柱が生まれました。
「彌都波能売神」(みつはのめのかみ)と「和久産巣日神」(わくむすびのかみ)です。
 

農耕神

「尿」から生まれたと聞くと、何だか汚いような気もしますが、
化学肥料が出来るまで糞尿は、
穀物や野菜を育てるための肥料としてなくてはならないものでした。
 
「ワク」は「若々しい」、
「ムスヒ」は高御産巣日神(たかみむすび)や神産巣日神(かみむすび)
「産巣日」(むすひ)と同じく、「生成の霊力」を意味します。
すなわち「和久産巣日神」とは、
「若く創造像力のある輝く神様」という意味の名前なのです。
「和久産巣日神」は、生まれながら
莫大なエネルギーを持つ神様としての性質があったということなのです。
だからこそ、和久産巣日神は
農耕に有益な肥料のイメージとも結びついているのです。
 
このことは、和久産巣日神が、
伊勢神宮の外宮の祭神で、
生産神・食物神として名高い「豊宇気毘売神」(とようけのびめかみ)
親神であることにも上手く繋がっています。
 

養蚕の神

一方『日本書紀』では、伊邪那美神が火の神迦具土神を生んだ後、
埴山姫(波邇夜須毘売神)と罔象女(彌都波能売神)の神を生み、
埴山姫(波邇夜須毘売神)が軻遇突智(火之迦具土神)と結婚して
生れた神が稚産霊神(和久産巣日神)だとしています。
その時、稚産霊神(和久産巣日神)の頭から蚕と桑が生じたと言われ、
ここから和久産巣日神は「養蚕の神様」になりました。
 
皇室では、皇后陛下は代々、養蚕をしていらっしゃいます。
これは、お育てになった蚕から出来る絹糸で
外国の人のために贈る
プレゼントを作ったりするという実際的な面もありますが、
それ以上に、古くから伝わってきた大切な教えを
次の世代に繋げていくという意味もあるのです。
 
 

別名

  • 稚産霊
 
 

神格

  • 水神
  • 農耕神
 
 

ご利益(神徳)

  • 農耕守護
  • 祈雨・止雨
  • 五穀豊穣
  • 開運招福
  • 子孫繁栄
 
 

和久産巣日神をお祀りする神社

  • 竹駒神社   (宮城県岩沼市)
  • 安積国造神社 (福島県郡山市)
  • 麻賀多神社  (千葉県成田市)
  • 王子稲荷神社 (東京都北区)
  • 愛宕神社   (東京都港区愛宕)
  • 鉄砲洲稲荷神社(東京都中央区)
  • 久井稲荷神社 (広島県三原市)

f:id:linderabella:20210226164459j:plain