国譲り

 
 

天忍穂耳命の天降り

大国主神が国造りを完成させた頃、
高天原の天照大御神は、
「豊葦原之千秋長五百秋之水穂
 (とよあしはらのちあきのながいおあきのみずほ)は、
 我が子である天忍穂耳命(あめのおしほみみのみこと)
 知らす(治める)べき国である」とおっしゃって、
葦原中国の支配を、「天忍穂耳命」(あめのおしほみみのみこと)に任せました。
天忍穂耳命は、須佐之男命との「誓約」(うけい)で一番目に生まれた神です。
天忍穂耳命は天浮橋(あめのうきはし)に立って地上を見て
「葦原中国は、まだ騒がしいようだ。」と言って再び帰り上って、
天照大御神に申し上げました。
 
 

天之菩卑能命の派遣

そこで、「高御産巣日神」(たかみむすひのかみ)が、
天照大御神の詔に従って、
天安河原(あめのやすのかはら)に八百万神を集め、
そして軍師である「思兼神」(おもいかねのかみ)に問いました。
「天照大御神が、
 葦原中国(あしはらのなかつくに)は大御神の御子が治めるべき国であると、
 仰せである。
 しかし、その国には荒ぶる国津神が多くいるようだ。
 さて、どの神を遣わして説得させたらよいと考えるか。答えよ。」
 
思兼神(おもいかねのかみ)は八百万神と相談して、
「天之菩卑能命(あめのほひのみこと)を遣わしましょう」と申し上げました。
そこで、天忍穂耳命の弟神・天菩比神(あめのほひ)を地上に遣わしましたが、
大国主神に懐柔されて、三年経っても報告もなく、戻りませんでした。
 
 

天之菩卑能命の御子神・大背飯三熊之大人の派遣

再び、高御産巣日神と天照大御神大神の命令で
八百万の神々は天安河原に集まって相談し、天之菩卑能命(あめのほひのみこと)の子の
「大背飯三熊之大人」(おおそびのみくまのうし)を派遣しますが、
父神同様、そのまま出雲に留まりました。
 
 

天若日子の派遣

更にその次に、天津国玉神(あまつくにたまのかみ)の子・
「天若日子」(あめのわかひこ)
「天之麻迦古弓」(あめのまかこゆみ)と「天之波矢」(あめのははや)を授けて
派遣しましたが、
天若日子は大国主命の娘・「下照比売」(したでるひめ)を娶り、
葦原中国を自分のものにしようと考えて、
8年経っても、高天原には戻りませんでした。
 

雉の鳴女

天若日子(あめのわかひこ)がなかなか戻ってこないので、
天照大御神と高御産巣日神は、再び思兼神(おもいかねのかみ)に尋ねると、
「雉の鳴女を遣わすのはいかがでしょう。」
雉の鳴女は天から降り、天若日子の家の門のよく茂った楓の小枝に留まって、
天照大御神の言葉の通り正確に伝えました。
すると、この鳥の言葉を聞いた天佐具賣(あまのさぐめ)が、
天若日子に言いました
「この鳥の鳴き声はとても不吉ですから、射殺して下さい。」
天若日子はあろうことか天照大御神から授かった
「天之麻迦古弓」(あめのまかこゆみ)と「天之波矢」(あめのははや)でもって、
雉を射殺してしまいました。
 

天若日子の死

その矢は雉の胸を貫いて天上まで上がり、
天安河原におられた天照大御神と高木神(高御産巣日神)の所にまで
届きました。
高木神が、その矢を取って見てみると、血が矢羽に着いていました。
「この矢は天若日子に授けた矢ではないか」と仰せられ、
その矢を高々と差し上げて神々に見せ、誓約をしました。
「もし、天若日子が勅命に背かず、
 悪い神を射た矢がここに届いたのであれば、
 天若日子に当たらない。
 しかし、邪心があるのであれば、天若日子はこの矢によって死ね・・・」
言うが早いか、その矢を矢が開けた穴から下に投げ返されました。
矢は、朝の床で寝ていた天若日子の盛り上がった胸に当たり、
天若日子は死んでしまいました。
 
 

建御雷神と事代主神、建御名方神

建御雷之男神の派遣

葦原中国の平定が思いの他難航するので、
ほとほと困り果てた天照大御神が思金神に尋ねると、
天石屋(あめのいはや)にいる伊都之尾羽張神(いつのおはばりのかみ)
あるいはその御子神・建御雷之男神(たけみかずちのおのかみ)
派遣するしかない、ということになりました。
天迦久神(あめのかくのかみ)を遣わして伊都之尾羽張神に尋ねたところ、
「承知致しました。
 しかし、この任務には我が子の建御雷之男神が適任です。」と答えました。
そこで、天照大御神は、
天鳥船神(あめのとりふねのかみ)を建御雷之男神に副えて
葦原中国に遣わしました。
 
建御雷之男神(たけみかずちのおのかみ)
天鳥船神(あめのとりふねのかみ)の二柱の神は、
出雲国の伊那佐之小浜(いなさのおばな)に降り着くと、
「十拳剣」(とつかのつるぎ)を抜いて逆さまに刺し立て、
その剣先にあぐらをかいたまま、大国主神に「国譲り」を迫りました。
 

事代主神

大国主神は「私は引退した身ですから、申し上げられません。
 私の子の八重事代主神(やえことしろむしのかみ)が答えるでしょう。
 しかしながら、八重事代主神は、漁のため、出掛けたまま不在です。」
そこで、天鳥船神(あめのとりふねのかみ)を遣わし、
八重事代主神を呼んで尋ねれると、
「この国は天神(あまつかみ)の御子に差し上げましょう。」 と言って、
乗ってきた船を踏み傾けて、
天逆手(あまのさかて=ある種の呪術的な作法)を打って、
青柴垣(あおふしがき)を作り、そこに隠れてしまいました。
 

建御名方神

更に建御雷之男神(たけみかずちのおのかみ)は尋ねました。
「八重事代主神は同意しましたが、他に申し伝えておくべき神はいますか。」
それに対し大国主神は
「私の子に建御名方神(たけみなかたのかみ)という神がおります。
 この子を除いて他にはおりません。」 と答えると、
 
その建御名方神(たけみなかたのかみ)が、
千引石(ちびきのいわ=千人がかかってやっと引くような大きな石)を
片手に上げながら現れて、
「我らの国にやって来て、ひそひそ話をしているのは誰だ。
 まずは力競べをしようではないか。
 まずは、私があなたの手を取ろう。」 と言い、
建御雷之男神(たけみかずちのおのかみ)の手を取りました。
 
すると建御雷之男神(たけみかずちのおのかみ)の手は
たちまちに氷柱(つらら)に変わり、次には剣の刃となりました。
それを見た建御名方神(たけみなかたのかみ)が恐れおののいて引き下がると、
今度は逆に、建御雷神之男が建御名方神の手を掴み、
若い葦の芽を握り潰すように手を握り潰して投げ飛ばしました。
建御名方神(たけみなかたのかみ)は、驚き惧れ、
科野国(しなののくに)の州羽海(すわのうみ=諏訪湖)に逃げ去り、
そこで降伏しました。
 
 

大国主神の国譲り

建御雷神之男は、再び出雲に戻ってこのことを告げると、
大国主神は遂に観念して、「国譲り」が行われました。
 
「国譲り」に同意した大国主神は次のように言いました。 
「私の子である二柱の神が同意したのなら、
 私もご命令に従い、背きません。
 この葦原中国は、命令通りに差し上げましょう。
 
 ただ、私の住まいを、
 天神の御子が帝位に昇られる壮大な宮殿のように、
 大磐石に太い宮柱を立て、大空に棟木を高く上げてお作り下さり、
 お祀り頂けるのであれば、私は片隅に隠れていましょう。
 八重言代主神が
 天神の御子の先頭や殿(しんがり)となってお仕えするならば、
 我が子の多くの神々も、皆従うでしょう。」と。
 
こうして、出雲の多芸志の小浜 (たぎしのおばま)
天の御舎(あめのみあらか)が造られました。
 
水戸神(みなとのかみ)の孫である
櫛八玉神(くしやだまのかみ)が料理人となって
天つ神のためにご馳走を作ろうと火を起こすため
燧臼(ひきりうす)と燧杵(ひきりぎね)を作って火を起こして、
こう言いました。
 
「私が起こした火を、
 高天原の神産巣日神(かみむすび)が新しく住む住まいにまで
 煙が届くように、底に深くの石まで焼き固まるまで、燃やしましょう。
 丈夫に作った縄を打ち投げて釣りをする漁師が釣った
 大きなスズキを、さわさわと引き寄せて、
 料理を乗せる台がたわんでしまうほど大量の魚料理をお供えしましょう。」
 
水戸神(みなとのかみ)
「神生み」で9番目と10番目に生まれた、
港の神で河口の神である
速秋津日子神(はやあきつひこのかみ)
速秋津比売神(はやあきつひめのかみ)のこと
 
こうして建御雷之男神(たけみかずちのおのかみ)は、
高天原に還り昇って、
葦原中国の平定を
天照大御神と高御産巣日神(たかみむすひのかみ)に申し上げました。
 

f:id:linderabella:20210226164459j:plain