粽・柏餅

「端午の節句」の代表的な行事食と言えば、
小豆餡や味噌餡などの入った餅を、
柏の葉で包んだ「柏餅」(かしわもち)と、
笹の葉で細長いお団子を包んだ「粽」(ちまき)です。
「柏餅」「粽」のどちらを食べるかは、地域によって違いがあるようです。
 
 

関東は「柏餅」、関西は「粽」

 
近年は柏餅が全国区になりつつありますが、
そもそもは関東を中心に「柏餅」が、
関西を中心に「粽」が食べられてきました。
 
関東で「ちまき」と言えば、
おこわを竹皮で三角形に包んだ、
いわゆる「中華ちまき」のことを指すのが一般的ですが、
特に端午の節句に食べる習慣はないようです。
関西で端午の節句に食べられる「粽」は、
笹の葉にほんのり甘いお団子を包んだ細長い和菓子のことです。
 
 

「粽」(ちまき)

 
「粽」はChinaが起源だと言われています。
Chinaでは古来、「粽」は水神への捧げものでした。
 
今からおよそ2300年前、屈原(くつげん)という詩人がいました。
屈原は国王の側近として仕え、その正義感と国を思う強さで
人々から大変慕われていましたが、
陰謀によって失脚し、国を追われてしまいました。
国の行く末に失望した屈源は、
汨羅(べきら)という川に身を投げてしまったそうです。
その日が5月5日だと言われいます。
 
屈原の死を悲しみ、川に沈んだ屈源が魚に食べられてしまわないよう、
供物を投げ入れて弔いをしていましたが、
悪い龍に盗まれてしまうばかり。
 
そこで、龍が苦手にしている楝樹(れんじゅ)の葉で餅米を包み、
邪気を払う五色(赤・青・黄・白・黒)の糸で縛ってから
川へ流すようにしたところ、
無事に屈原のもとへ届くようになったと言われています。
これが「粽」の始まりとなり、
「端午の節句」の風習とともに、「粽」も日本に伝来したのです。
 
 
「粽」とは本来、「茅萱=棟樹」(ちがや)で巻いた餅のことです。
「茅萱」には呪力があると考えられ、魔除けに使われてきました。
「茅萱の葉」を用いて作られたことから「ちがやまき」と呼ばれ、
それが短縮され「ちまき」と呼ばれるようになりました。

また、「粽」に結んだ赤・青・黄・白・黒の五色の糸は、
子供が無事に育つよう魔除けの意味を込め、
鯉のぼりの吹流しの色などに反映されています。
 

 
 

柏餅(かしわもち)

 
「柏餅」は日本発祥です。
「柏餅」が端午の節句に登場するのは、
「粽」よりかなり後の江戸時代です。
 

 
柏の木は昔から神聖な木とされていたことや、
柏の葉は新芽が出るまで古い葉が落ちないことから、
「子供が生まれるまでは親は死なない」、
すなわち「跡継ぎが途絶えない」「子孫繁栄」に結び付き、
「端午の節句」の縁起の良い食べ物となって、
江戸を中心に広がりました。
 

 
因みに、「柏餅」には
柏の葉を「外表」に巻いているものと、
「中表」(裏を外向け)に巻いているものがあります。
これは小豆あんの時は「外表」に、
味噌あんなら「中表」に巻くといったように、
中身の違いを表しているそうです。

 
また、柏が手に入りにくい西の地方では、
丸い形をした「サルトリイバラ」の葉が使われることが多いようです。
 

 

f:id:linderabella:20201227110649j:plain