日向三代(ひむかさんだい)1. 邇邇芸命

 

木花之佐久夜毘売と石長比売

邇邇芸命は猿田彦神を先導に、
幾重にも重なった雲を押し分け押し分け、
日向の高千穂の久士布流多気(くしふるたけ)の地に天降られました。
そしてそこに立派な宮殿をお建てになられました。
 
そこに落ち着いた邇邇芸命は、
笠沙岬(かさのみさき)で世にも麗しい乙女に出会いました。
大山津見神(おおやまつみのかみ)の娘
「木花咲耶比売」(このはなのさくやひめ)でした。
邇邇芸命は結婚を申し出ると、
木花咲耶比売は「父の大山津見神がお答えするでしょう」と応じました。
 
大山津見神は大いに喜び、姉の石長比売(いわながひめ)とともに
多くの品物を持たせて嫁がせました。
姉の石長比売は容姿がちょっと残念だったので、
邇邇芸命は姉を送り返して
妹の木花咲耶比売だけを留めて、一夜の交わりをしました。
 
大山津見神は石長比売が返されたことを深く恥じ、
「石長比売を共に献上したのは、天津神(あまつかみ)の御子の命が
 常盤に揺るぎないようにとの思いを込めたからです。
 木花咲耶比売には、木の花が咲き乱れるように栄えるという意味が
 込められていますが、石長比売を戻したからには、
 これ以降、天津神の御子の寿命は、
 木の花が散るように儚いものになるでしょう。」
と伝えました。
 
 

木花之佐久夜毘売の出産

木花咲耶比売は一夜にして懐妊されました。
邇邇芸命は不審に思い、
「これは我が子ではない。
 おそらくどこかの国津神の子であろう」と言いました。
これに比売は怒り、
「身籠った子が国津神の子であれば、無事に生まれず、
 天津神の子であれば、無事に生まれるでしょう」と言って、
四方を壁に囲まれ、戸を悉く土で塗り塞いだ産屋
「八尋殿」(やひろどの)を作り、
産屋に火を放って出産に臨みました。
火は見る間に産屋を包みましたが、
その燃え上がった炎の中で、比売は三柱の子、
火照命(ほでりのみこと)・火須勢理命(ほすせりのみこと)
火遠理命(ほおりのみこと)を産みました。
 
最後に生まれた火遠理命(ほおりのみこと)こそが、
現在も続く、初代の天皇となられる
神倭伊波礼毘古命(かむやまといわれびこのみこと)こと、
神武天皇の祖神です。
 
疑いも晴れ、
邇邇芸命と木花咲耶比売は、末永く高千穂の宮で暮らしました。
 

f:id:linderabella:20210226164459j:plain