12月21日「納めの大師」

「縁日」とは、御本尊としている高僧や神仏の
降誕日や命日など縁のある日を指します。
神仏との繋がりを持つために、
この日にお参りをすると
普段よりもたくさんの徳を得られるとされているため、
昔から縁日にはたくさんの人々が訪れます。
 

linderabella.hatenadiary.com

毎月21日は、弘法大師を御本尊としているお寺では、
弘法大師の命日である3月21日に由来して縁日が開かれます。
その中でも、1年の最後の12月21日は、
「納めの大師」と呼ばれる縁日が開かれる日です。
 

 
弘法大師は、唐に渡って密教を学び、真言宗を開いた僧侶です。
 
他にも、庶民でも学問を学べる
綜芸種智院(しゅげいしゅちいん)という教育施設をつくったり、
農耕用のため池である満濃池(まんのういけ)の改修工事を行うなど、
様々な活躍をしています。
 
また書は、嵯峨天皇や橘逸勢とともに
三筆」に挙げられるほどの腕前で、
『弘法も筆の誤り』や『弘法筆を選ばず』などの諺があるほどです。
 
 

f:id:linderabella:20210419095152j:plain

 
 
● 京都・東寺
京都の東寺で開かれる納めの大師は「終い弘法」と呼ばれ、
縁起物、日用雑貨品から植木、骨董品まで、
毎年1,000軒以上の露店が並び、多くの人で賑わいます。
この日に露店が並ぶようになったのは江戸時代中期と言われ、
師走の恒例行事となっています。
  • 住所:〒601-8473
       京都府京都市南区九条町1番地
 
● 東京・西新井大師
関東厄除け三大師として有名な「西新井大師」の納めの大師では、
この日、東京で最後の「熊手市」が境内で開催されます。
  • 住所:〒123-0841
       東京都足立区西新井1丁目15-1
 
● 神奈川・川崎大師
川崎大師では、境内の特設道場で、
その年ご利益をいただいたお護摩札やお守りに感謝する
「お焚き上げ法楽」が執り行われます。
  • 住所:〒210-0816
       神奈川県川崎市川崎区大師町4−48
 
弘法大師と言えば、「厄除け」の御利益として有名です。
新しい年を迎える前に、「納めの大師」に赴いてみてはいかがでしょうか。